kintone ルックアップ先更新プラグイン

More than 1 year has passed since last update.


ルックアップ項目の値を変更時における参照先更新について

kintone 標準機能では、ルックアップ項目の値を変更した場合、ルックアップ参照しているアプリのレコードは、更新されません。

RDB データベースで、テーブル結合した場合と異なり、ルックアップ機能は値のコピー機能です。

しかし、データベースとして使用する場合は、マスターの最新データを反映したい要望が多いです。

このプラグインは、ルックアップ先更新処理を簡単に設定して、更新できます。

複数アプリがルックアップ対象でも、対象アプリを順次更新します。

stores で、販売中です。

※Ver.3 (2018/4/4 リリース) の変更点


  • スマホ対応

  • ルックアップ先更新処理のパフォーマンス改善

  • 3ヶ国語対応

  • プラグイン設定時のアプリ検索時間短縮


ルックアップ先更新プラグイン

編集画面で「保存」後に、ルックアップ先更新処理が実行されます。

更新処理中、処理件数が表示されます。

プログレスバーとアプリ別件数表示されます。

更新処理中に、画面を閉じたり、別ページに移動すると更新処理が中止されます。

lookup01.png


スマホ対応

スマホでレコード変更を行った場合も、ルックアップ先更新処理が実行されます。

2018-04-04_13h57_09.png


1万件のレコード更新可能

対象件数が1万件でも、更新可能です。

lookup02b.png


対象アプリ10本でも更新可能

プラグイン設定画面

2017-05-08_09h52_39.png

更新ダイアログ表示

lookup02d.png


アプリ内の複数ルックアップ設定に対応

ルックアップ設定例

lookup02e.png


ルックアップの項目値変更に対応

ルックアップのキー項目変更にも対応しています。

lookup02a.png


ルックアップデータ削除のエラー

ルックアップ先アプリのレコード状況により、更新エラーが発生する場合があります。

ルックアップのデータ削除した場合、該当レコードのエラーを訂正してください。

lookup04a.png


ルックアップ設定変更によるエラー

ルックアップ先アプリの画面設定変更により、更新エラーが発生する場合があります。

ルックアップ設定を変更した場合、プラグイン設定画面で再設定してください。

lookup04b.png


一覧画面での編集機能

Ver.2 から一覧画面の編集機能をサポートしました。

2017-05-08_09h56_07.png


プラグインの追加

lookup05.png


設定画面

設定画面を開くと全アプリを検索し、ルックアップ参照しているアプリを取得します。

更新対象とするアプリを選択して、「保存する」をクリックします。

2017-05-08_09h52_39.png


ルックアップ設定チェック

項目設定内容により、API更新可能かチェックします。

lookup07.png


注意事項


  • 更新処理中に、画面を閉じたり、別ページに移動すると更新処理が中止されます。

  • レコードを削除された場合、本プラグインではエラーになりません。

  • 既に、JavaScript によるカスタマイズを行っているアプリの場合、処理が競合して、エラーになる場合があります。その場合は、該当するアプリでプラグインの使用を中止してください。