Mac
iSCSI
Mojave
csrutil
CHAP

iSCSI Initiator for macOS を使って Mac を iSCSI に対応させる方法


前提条件

この記事は、 iSCSI Initiator for macOS と ELECOM NetStor NSB-7A4BL を使って Mac mini (2018) / Mac OS Mojave で確認したものです。

Mac OS El Capitan 以降であれば、同じ方法で iSCSI に対応させることが可能です。


OS X のシステム保護機能 Rootless を無効にする

iSCSI 対応には Rootless を切る必要があるため、 Mac をリカバリモードで起動して、コマンドラインで以下を入力します。

$ csrutil disable

上記の設定が終わったら通常のログインを行います。


iSCSI Initiator for macOS のインストール

iSCSI Initiator for macOS を zip 形式でダウンロードし、解凍したファイルの Scripts ディレクトリに移動した後、以下を実行します。

Scripts$ sh build.sh && sh install.sh

CHAP認証を行っている場合はiSCSIInitiator Wiki に従い、CHAPの設定などを行う。

$ iscsictl add target <target>,<portal>

$ iscsictl modify initiator-config -CHAP-name <username>
$ iscsictl modify initiator-config -CHAP-secret
$ iscsictl modify initiator-config -authentication CHAP
$ iscsictl list initiator-config


iSCSI ディスクへのログインとログアウト

ログイン・ログアウトは以下のコマンドで行う。

$ iscsictl login <target>

$ iscsictl logout <target>


Mac起動時に自動的に接続する

Mac起動時に自動的に iSCSI ディスクに接続するには、以下を実行する。

$ sudo iscsictl modify target-config <target> -auto-login enable


備考

LUNのリストは以下で取得可能。

$ iscsictl list luns