More than 1 year has passed since last update.

MAMP使い方・設定手順

仕事PCがMACに変わり、ローカルでの開発環境をスムーズに行えるようにMAMPの設定・プロジェクト設定のメモになります。

色々と参考記事に、自分の設定手順をまとめてみました。

  • MAMPのダウンロード
  • MAMPのインストール
  • バーチャルホストのカスタマイズ
  • httpd.conf を設定
  • hosts を編集
  • MAMPの再起動
  • SSIを有効にする

MAMPのダウンロード

MAMPの公式サイトからダウンロードする

MAMPのインストール公式サイト
img01.png

MAMPのインストール

無料で使いたい方は、MAMP FREEのDownloadをクリックしZIPを解凍してください。

解凍したファイルにdmgファイルをダブルクリックで実行

問題なければ、"Agree"をクリックします。

MAMPとMAMP PROというフォルダが作成されるので、アプリケーションフォルダへドラッグ

MAMPの中にMAMP.appというファイルがあるので、ダブルクリックで実行

警告アラートが出てきたら、MAMPを起動をクリック

img02.png

【サーバを起動】をクリックし【スタートページを開く】をクリックし下記の画面が表示されれば成功です。

img03.png

バーチャルホストのカスタマイズ

次にバーチャルホストの設定になります。

MAMPインストール時は、/Applications/MAMP/htdocs/がローカルディレクトリとして設定されています。

http://localhost:8888/ をブラウザで確認することができます。

これだけでは、プロジェクトごとに複数設定することができないため、

事前に複数のプロジェクトで動かせるようにバーチャルホストの設定を行います。

バーチャルホストの設定は以下の2ファイルになります。

  • /Applications/MAMP/conf/apache/httpd.conf
  • /Applications/MAMP/conf/apache/extra/httpd-vhosts.conf ※作業前に、上記ファイルのバックアップをとる

httpd.conf を設定

  • /Applications/MAMP/conf/apache/httpd.conf

ファイルをテキストエディタで開きます。

ソースコード 574行目付近に該当のコードが記述されています。

 # Virtual hosts
 # Include /Applications/MAMP/conf/apache/extra/httpd-vhosts.conf

#はコメントアウトしている意味

この二行目の先頭にある#を削除し、有効にさせます。

 # Virtual hosts
Include /Applications/MAMP/conf/apache/extra/httpd-vhosts.conf

httpd-vhosts.confを設定する

  • /Applications/MAMP/conf/apache/extra/httpd-vhosts.conf

ファイルをテキストエディタで開きます。

このファイルの編集は、主に開発環境を行うディレクトリの設定になります。

27行目付近に既にバーチャルホストの設定サンプルが記述しています。

<VirtualHost *:80>
    ServerAdmin webmaster@dummy-host.example.com
    DocumentRoot "/Applications/MAMP/Library/docs/dummy-host.example.com"
    ServerName dummy-host.example.com
    ServerAlias www.dummy-host.example.com
    ErrorLog "logs/dummy-host.example.com-error_log"
    CustomLog "logs/dummy-host.example.com-access_log" common
</VirtualHost>

<VirtualHost *:80>
    ServerAdmin webmaster@dummy-host2.example.com
    DocumentRoot "/Applications/MAMP/Library/docs/dummy-host2.example.com"
    ServerName dummy-host2.example.com
    ErrorLog "logs/dummy-host2.example.com-error_log"
    CustomLog "logs/dummy-host2.example.com-access_log" common
</VirtualHost>

上記のサンプル設定の下に、開発環境を行うディレクトリを設定します。

取り急ぎ設定のため、無駄なものを端折り下記のような形でバーチャルホストの設定をしました。

  • 【DocumentRoot】は開発環境のディレクトリを設定
  • 【SeverName】はテストサイトの名前を任意で設定
<VirtualHost *:80>
 DocumentRoot "/Users/ユーザ名/開発環境までのパス"
 ServerName ドメイン名(任意).local
</VirtualHost>

上記の手順でバーチャルホストの設定を増やしていき、複数の環境を作っていきます。

hosts を編集

ドメインでアクセスするためには、httpd.configだけではアクセスできません。

OS本体にあるhostsファイルを修正する必要があります。

※指定されたドメインをIPアドレスに変換するためのファイルになります。

hostsファイルの編集は、ターミナル・GUIどちらでも設定することが可能です。

GUIの編集手順

だれでもできるように、GUIのみ紹介したいと思います。

img04.png

Finder の【移動 > フォルダへ移動】を選択します。

入力ダイアログが出てきたら、下記を入力し移動します。

/private/etc/

該当のディレクトリが開けたら、hostsファイルをテキストエディタで開きます。
※作業前に、上記ファイルのバックアップをとる

/private/etc/hosts

httpd-vhosts.confで追加した任意のドメイン名をIPアドレスと紐付ける

127.0.0.1   ドメイン名(任意).local

MAMPの再起動

上記の設定が環境したら、MAMPを再起動する

再起動後、設定したドメインで表示されれば成功です。

SSIを有効にする

案件で、SSIで読み込んでいるページが多いため設定しました。

httpd.configを開く

  • /Applications/MAMP/conf/apache/httpd.conf ソースコード514行目付近
#AddType text/html .shtml
#AddOutputFilter INCLUDES .shtml

上記コードの#を削除して.htmlを追加します。

AddType text/html .shtml
AddOutputFilter INCLUDES .shtml .html

次に、ソースコード206行目付近

Options Indexes FollowSymLinks

【ExecCGI Includes】(CGIとSSIの使用を許可)を追加します。

Options Indexes FollowSymLinks ExecCGI Includes
AllowOverride None

最後に...

参考記事を読んでいる中、色々と設定できることを知りました。

今回は、自分の環境構築の手順だったので、そこまで深く調べきれていません。

もう少し時間があるときにでも、覚え書きメモを追加していこうと思います。

参考記事

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.