Bitbucket
git-flow
Atlassian
AtlassianDay 20

結婚式2016/1/4までの道のりをBitbucketで管理している話

More than 3 years have passed since last update.

この投稿はAtlassian Advent Calendar 201520 daysの記事です。


はじめに

来年、2016年1月4日に入籍をして、晴れて人妻になります。嬉しいですね。

嬉しいことだらけなんですが、入籍までに下記のタスクが発生します。


2016年1月4日 入籍PJで発生するタスク


  • 100_婚姻届を貰いに行く

  • 200_婚姻届の承認の署名および押印をもらう


    • 201_新郎側

    • 202_新婦側



  • 300_戸籍謄本取り寄せ


    • 301_新郎本籍

    • 302_新婦本籍



  • 400_婚姻届提出先選定

  • 500_氏名変更手続き


    • 501_銀行口座

    • 502_ケータイ電話

    • 503_ネット契約(多分まだ私のまま)

    • 504_生命保険

    • 505_会社届け(年金手帳、健康保険証)

    • 506_パスポート

    • 507_奨学金

    • 508_クレジットカード



だいたいこんなところでしょうか。

苗字変わると手続き的な問題で面倒くさいですが、 苗字をリファクタリングすることは小さい頃からの憧れ だったので、ちょっとだけワクワクしています。ちょっとだけ…

(戸籍変更におけるRename機能の実装はまだですか…)

以上が入籍プロジェクトだとしたら、次に挙式プロジェクトもタスク管理する必要があります。

入籍の3ヶ月後に結婚式披露宴を執り行うのですが、まぁほんとにやることがいっぱい!

なので、今回は割愛します。

上記をBitbucketのタスクにします。

課題を作成できる画面


入籍における戸籍変更のGitFlow

入籍で発生する手順や関係する人を考えると、Git Flowは下記のよう定義して運用できるかと思います。

Branchの種類は4つ。MasterBranch, ReleaseBranch, FuturesBranch A, FuturesBranch Bとわけるとする。

Branchの種類は4つ。MasterBranch, ReleaseBranch, FuturesBranch A, FuturesBranch Bとわけるとする。

以上をBitbucketで運用してみます。


SourceTree×Bitbucketでの運用


1. まず、localにRepositoryをcloneします。

新規にクローン


2. 手に入れた婚姻届をcloneした自分のRepositoryに入れてpull/commitします。ちゃんと取ってきたよコメントを入力します。

20151220_06.png


3. ブラウザのBitbucketでcommitされてることを確認します。

20151220_07.png

しまった、commitするときにタスクNo.を記載してるとベストだった〜〜!

次からは気をつけたいです。


さいごに

まだまだタイミング的に先のタスクがあるので、またまとまったら報告したいです。その頃には綺麗なGitBranchで入籍への道順ひけてるんだろうなあ!楽しみです。

年末に実家へ帰って父親の署名をもらってきます。

私の勝負は入籍してからの手続きですわ…