Help us understand the problem. What is going on with this article?

Backlogの課題をTodoistに連携させる

More than 3 years have passed since last update.

結構な企業でBacklogを利用していると思いますが、タスク管理ツールとの連携サービスがあまりありません。というか殆どありません。特にIFTTTとかZapierとか。

んで、どうにかTodoistと連携できないかと探ってましたが、できました。

Googleカレンダー + Zapier

BacklogにはGoogleカレンダー連携があるので、Googleカレンダー経由でZapierからTodoistにタスクを流そうということです。IFTTTでも試みましたが、IFTTTは自由度が低いのと、Googleカレンダーで読み込んでる外部のスケジュールは引っ張れないと判ったので、今回はZapierを利用します。

Googleカレンダー設定

Backlogのダッシュボード画面にある「自分の課題」からカレンダーのURLをコピーしてGoogleカレンダーに登録します。
詳しくはBacklogのFAQを読んでください。

http://www.backlog.jp/faq/service/calendar.html

ZapierでZapを作る

スクリーンショット 2016-02-26 14.32.10.png

ざっくりと流れはこんなところです。

まず、DashboardでMake a New Zapしたあと、Trigger Appを検索してGoogle Calendarを選択します。

スクリーンショット 2016-02-26 14.33.26.png

TriggerはNew Eventを選択。

スクリーンショット 2016-02-26 14.35.37.png

Continueするとカレンダーを選択できるので「●●さん担当の課題」というカレンダーを選択
※この名前はuniqueじゃないと思うのでBacklogってどっかに入れるべきですよね。

スクリーンショット 2016-02-26 14.53.15.png

あとはテストして云々してTriggerできました。

Actionの前半はTriggerとほぼ同じなので割愛。

TodoistのTaskの設定は、こんな感じ。

スクリーンショット 2016-02-28 0.54.19.png

Googleカレンダーから拾える値がアレなんで、自由度はそこまで高くないけど、複数のBacklog(元請けのとか)を利用する場合も振り分けられると思うし、最近Zapierはタスクを数珠繋ぎにしてひとつのZapにできるので、一連のオートメーションをまとめられて管理しやすいね。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした