Help us understand the problem. What is going on with this article?

PHP7.4ではPEARがインストールされなくなる

Disable PEAR

2019/02/01にDisable PEAR by defaultというプルリクが提出され、2019/02/11にマージされました。

commitからmerge日はどうすればわかるのだろう?

内容

Installation of PEAR (including PECL) is no longer enabled by default. It can be explicitly enabled using --with-pear. This option is deprecated and may be removed in the future.

PEAR(PECLを含む)は、デフォルトではインストールされなくなりました。
--with-pearで明示的に有効にしなければなりません。
このオプションは非推奨であり、将来削除される可能性があります。

これまではPHPをインストールすると自動的にPEARも入ってきていましたが、PHP7.4以降は--with-pearを明示しないかぎりインストールされなくなります。
また--with-pearオプションも非推奨で、今後削除される可能性が有り、削除されるとPHPと一緒にPEARをインストールする方法がなくなります。

もちろんPEARが一切使用できなくなるわけではなく、PHPのインストール後にgo-pear.pharなどを使用して別途インストールすることは可能です。
Composerと同じように

メーリングリスト

プルリクと一緒にメーリングリストで話が始まりました。
提案者のNikita PopovはPHPのコア開発者で、プロパティ型指定とかジェネレータとか作ってるすごい人で、最近JetBrainsに入りました

そもそもPEARはもはやまともにメンテされておらず、2017/11/30リリースのPHP7.2で非推奨になったeach削除されたのは、2018/08/23リリースのv1.10.6create_functionに至っては2018/12/06です。
そんな長期間誰も気付かないほど誰も使ってないんだからもう要らんじゃろ、みたいなことをNikitaは言っていて、概ね同意のうえ10日後にマージされました。
プルリク者本人がマージするのはどうなんだって気がしないでもない。

PEARはともかくPECLがなくなるのは惜しいという意見はいくつかありましたが、個別に入れられますし、Pickleもあるので欲しい人には各自でやってもらいましょう。

RFC

Deprecate Bundling PEAR/PECL & Replace with composer/pickleというRFCがあるのですが、これは完全にスルーされています。
PEARの排除だけ、RFCも立たずにさっくりと行われました。
Composerのバンドルについては行うつもりはないようです。

感想

正直もうPEARは仕方ないよね。

先日のバックドアの件も、2019/01/19にシャットダウンしたサーバが復旧したのが2019/02/25で、公約してた後日の報告も2019/03/25時点で影も形もないとかいうね。

Recent Releasesを見てみると一応月に数本は更新されてはいるのですが、Composer全盛の今にあえてPEARを使う意義はほぼ感じられません。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away