ポエム

枯れ果てた開発者の心のバケツ

以下はHave you filled a developer bucket today?の日本語訳です。

Have you filled a developer bucket today?

あなたがRedditに攻撃的なコメントを投稿するたびに、開発者の心のバケツが零れます。

多くの人々が無数の時間をかけてそのプロジェクトに貢献しているときに、あなたが独善的なIssueを送るたびに、開発者の心のバケツが零れます。

あなたが他のライブラリを褒めるためにそのライブラリを貶めるたびに、開発者の心のバケツが枯れ果てます。

Emptying buckets

RedditやHacker News、あるいは他の大きなサイトに成果物や記事を投稿したことのある人は、その恐ろしさも知っているはずです。
力不足の怖れ、審判の怖れ。
たとえそれが素晴らしい仕事だったとしても、批判的なコメントで溢れることがあります。
多くの賞賛コメントが並んでいたとしても、たったひとつの中傷でプラスが全て打ち消されることもあります。
心理学の理論がこの現象をどのように説明するのかは知りませんが、自分がどう感じるかがその全てです。

しばらく前に、私はRedditに私のブログ記事のひとつを投稿することにしました。
数日かけて注意深く書き上げた記事に付いたコメントは、『この投稿はできの悪い電子書籍を買わせるためだけに書かれたゴミ』でした。

そのコメントは午後の間ずっと胸につっかえていて、そして私は記事を改善しようとする気も起こらず単に怒りました。
私のバケツは2秒で空になり、ふたたびいっぱいになるまで一日かかりました。

彼の行動は、何ひとつ良い結果を起こしませんでした。
それは関係する全ての人にとって、とても不毛な出来事でしかありませんでした。

何かを表現するときには、受け手側がどのように解釈するかにもっと注意を払う必要があります。
書き言葉では特に、テキスト形式での表現には感情がこもらないので、リアルよりももっと丁寧に親切にしましょう。

How to fill them

人々は一瞬でバケツを空にすることができますが、同じようにバケツを満たすこともできます。
それはとても素敵なことです。

私は数ヶ月間ブログを続けていますが、あるときメールをもらいました。
私の書いたブログ記事のひとつが非常に役立ち、問題解決の助けになったということでした。

さらに彼は言いました。
「あなたは本を書くべきだ」

それはブロガーとして最大級の賛辞に思えました。
あなたの仕事が有用であると証明されたということです。
誰かがあなたに本を書くことを望んでいます。
私のバケツは喜びと刺激で溢れ、その日の夜には既に本を書くことを決意していました。

How we can do better

私たちは心のバケツを空にして一日を始め、そしてその日の終わりにはバケツを満たしていきたいものです。

私たちのバケツには穴が空いています。
常に誰かに先を越されていると感じ、インポスター症候群に苦しみます。
驚異的なコンテンツを連日提供し、YouTubeスクリーンキャストやライブストリーミングを量産するスーパースターのコードに簡単にアクセスすることができる今、この感情はもはや切り離すことのできない自然なものでしょう。

あなたが自分の仕事について十分でないと感じることはよくあることです。
しかし、多くの人にとってそれが十分であると感じられるものであるならば、僅かな例外についてまで気にする必要はありません。
誰も彼をも満足させることは決してできません。

メンタリングに関わる開発者として、私は普段初心者向けのコンテンツを作成しています。
感謝のフィードバックが来たり、ツイートが広がったりするのはとても素晴らしいことです。

私たちはみんな同じ船に乗っています。
自己主張の激しい意見を発信して周囲に強い印象を与えようとする人もいますが、本当は周囲とコミュニケーションをとるときは注意を払わなければなりません。
これは開発者にとっては特に当てはまります。
私たちはほぼテキストだけでコミュニケーションしているので、よほど注意深くテキストを書かない限り、いとも簡単に文脈を誤って解釈されてしまいます。

Focus on filling buckets.

導入することで仕事を10時間削減することに成功したライブラリの開発者に、ツイートやメールで感謝を表明しましたか?
是非今からでも行動して、彼らのバケツを満たしてあげてください。

誰かのブログ記事があなたが抱えていた問題を解決してくれたのであれば、彼らに感謝を表明する時間を取ってください。
メールを送るか、あるいはわずか1ツイートするだけでも、その人のバケツはいっぱいになり、そしてまた役に立つ記事を書いてくれるはずです。
彼らはあなたを助けてくれました。
次はあなたが彼らを助けてあげる番です。

GitHubのIssueで建設的な提案を行ったり、開発者を褒めたりしたことがありますか?
それを行ってください。
きっと彼らのバケツは満たされることでしょう。

オープンソースプロジェクト開発者たちは燃え尽きています。
使用者の誰もが、自分たちのプロプライエタリソフトウェアに使える便利なライブラリを探しているだけなのです。

GitHubにはIssuesタブやPull Requestsタブがあります。
しかし、そこにはThanksタブがありません。
開発者とプロジェクトを賞賛することができません。
かわりにスターを付けることはできますが、それには実質的にほぼ意味がありません。

オープンソース開発者たちに公に感謝を表明したことはありますか?

ドキュメントの些細な間違いでもかまいません。
他の誰かが明日それを参考にしてしまわないために、ライブラリの誤りを修正するプルリクエストをしたことがありますか?
たったそれだけでも、開発者のバケツは満たされます。

他の人に誤りを見つけられてしまうと、そのライブラリの品質に疑問を持たれてしまうかもしれません。
それより先に、あなたのような誰かに、誰も気付いていなかったタイプミスを指摘されるのは、とてもよいことです。

バケツを満たすことは、往々にしてそれを空にすることより難しいですが、それをするだけの価値のあることだと私は信じています。

共によくしていきましょう。

コメント欄

「あなたはバケツにいっぱいのシャンパンに値する!」
「ありがとう。私があなたのバケツを満たせたかどうかはわからないが、あなたは私のバケツを満たしてくれた。」
「あなたのような人が世界をよりよくするんだ。」
「オープンソース開発者の心情について考えたことなどなかった。この記事は私の目を覚まさせてくれた。」
「インターネットがもっとポジティブで優しい世界になればいいのに。インターネットの匿名性は酔っ払いの蛮勇に似ている。」
ここにいい例があるね」

感想

よりによってお前が訳すな感溢れる、心温まるハートフルでドリーミーなエントリ。
厳しい意見を与えることこそが相手のためだなどと考える人もいるかもしれませんがそれは大間違いで、本当に与えるべきは優しさと建設的な意見なのです。

たしかにGitHubには、自由に意見を発する場所というものがありません。
Issueは課題管理するところですし、Pull Requestsは課題を修正したうえで送り付けるところです。
実際はIssueで感謝を表現している例もそれなりにはあるのですが、やはり場違いであることは否めません。
Thanksタブは限定しすぎでちょっとどうかと思いますが、Forumはあったほうがいいかもしれませんね。
いや、それとも余計ひどくなるかな?

さて、本文とはわりと反しますが、開発者側・情報提供側の心構えとして最も適切な姿勢は、他人を気にしないことだと思います。
なにしろ人間の半分は自分より愚かなのです。
彼らの耳には優しさを求める言葉など届きませんし、ましてや建設的な意見など期待するだけ無駄です。
ならば最初から近寄らない、相手にしないのが最適解となります。
半数の人間の主張や要求は、耳に入れる義務も義理も価値もありません。
サポート部門なり営業なりでそういうのを相手しないといけない方々には心底お疲れ様ですが、Qiitaなどで適当に記事を書き散らしているだけであれば一切無視したところで何ら差し支えありません。

まあ私は偏差値72あった(過去形)ので、人類の98%は自分より愚かだと思っている(現在形)わけですが。