Help us understand the problem. What is going on with this article?

IAMでユーザー作成

今回は学習用の作業ユーザーをIAM(Identity and Access Management)を使って作る。

作業ユーザー作成

AWSマネジメントコンソールで「IAM」を検索。
image.png
IAM画面の左側のメニューからユーザーを選択し、ユーザー追加を選択。
image.png
ユーザー名、アクセスの種類、パスワードを設定。
パスワードのリセットは複数ユーザーが使う場合にしか使わないので、チェックを外す。
「次のステップ:アクセス権限」を選択。
image.png
image.png
ユーザーの権限を設定する。今回はAWSがある程度設定してくれている権限のテンプレートを使う。
しばらく学習でいろいろ触りたいので、強めの権限を設定。
「次のステップ:タグ」を選択。
image.png
タグは何もせず次へ。
image.png
確認画面で確認して、ユーザー作成を選択。
image.png
ユーザーの追加が完了したので、URLにアクセスしてサインインしてみる。
image.png

サインイン

追加したユーザーでサインインしてみる。
image.png
サインイン成功!
image.png

r_saiki
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした