Vim

【vimめも】 8. vimrc

vimrcとは
起動時に読み込まれる設定ファイル
1行ずつExコマンドとして実行される

設定ファイルの設置場所は?

下記の順番で探索され、最初に見つかったものが適用される

Windows

  1. $HOME/_vimrc
  2. $HOME/vimfiles/vimrc
  3. $VIM/_vimrc

Linux

  1. $HOME/.vimrc
  2. $HOME/.vim/vimrc

unixとwinでファイルパスが違う....
シンボリックリンクを貼って解決

どういう内容を書くのか、、、
大まかに分けると

  • 設定系
" 行番号を表示
set number
" 行の折り返しをしない
set nowrap
  • マッピング系
" 無名レジスタを貼り付け
cmap <S-Space> <C-r>"
" クリップボードを貼り付け
cmap <C-Space> <C-r>*

" 挿入モードを解除
imap <C-Space> <ESC>
" ビジュアルモードを解除
vmap <nowait> <C-Space> <ESC>
  • 関数系

変数・関数など、自分で好きな機能を用意することができる

" 関数
function s:foo()
  " 変数
  let l:test = 1
endfunction
" Exコマンド
command! Test call s:test()

設定方法や設定内容が分からない時

helpを引こう
すべての説明が記載されている

help 'number'
help :map
help i_CTRL-A

ファイルを切り出すには?

source + ${ファイルパス} : Exコマンドをファイルから読み込む

" set系
source $XDG_CONFIG_HOME/rc/options.rc.vim
" map系
source $XDG_CONFIG_HOME/rc/mappings.rc.vim

前回:【vimめも】 7. コマンドモード
次回:【vimめも】 9. 設定(set)系