Help us understand the problem. What is going on with this article?

【Houdiniメモ】Pyro FXのDry Iceに関するメモ

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

HoudiniのPyro FXのDry Iceを触ってみました。
備忘録もかねてパラメータ等に関するメモを記事として残したいと思います。

環境

Houdini Apprentice 17.0
Windows 10

Dry Iceの作成手順

  1. NetworkビューでSphereを作成
    image.png

  2. PyroFXシェルフのDry Iceをクリックし、Sphereをクリック選択してEnter
    image.png

上記の手順を行うと以下のようなドライアイスっぽい煙が出来上がります。
1.gif

3つのノード

Networkビューのobj直下を見ると、sphere1, pyro_sim, pyro_importの3つのノードができています。
image.png

煙のシミュレーションはpyro_simの中で行っています。

シミュレーション領域サイズを変更する

pyroノードのPropertiesタブからシミュレーション領域のサイズを変更することができます。
image.png

pyroノードの場所

pyroノードはobj/pyro_sim/pyroにいます。

煙が溜まるようにする

pyroノードのClosed Boundariesのチェックを入れると煙が溜まるようになります。
image.png

closed_boundaries.gif

煙が消える速さを変更する

pyrosolver1ノードのShapeタブの中にあるDissipationの数値を増やすと煙が速く消えるようになります。
image.png

例えば、Dissipationを0.4に設定すると、以下のようになります。(Dissipationのデフォルト値は0.06)
dissipation_0.4.gif

pyrosolver1の場所

pyrosolver1ノードはobj/pyro_sim/pyrosolver1にいます。
image.png

参考URL

DisturbunceやTurbulenceの違いについての解説動画
https://vimeo.com/61705851
https://vimeo.com/62704012

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away