Help us understand the problem. What is going on with this article?

【Unity】ForwardレンダリングとDeferredレンダリングの違いを軽くまとめてみた

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

レンダリングに関する理解を深めるため、ForwardレンダリングとDeferredレンダリングの違いを自分なりに軽くまとめてみました。

Forwardレンダリング

Forwardレンダリングでは、基本的に以下のようにレンダリングが実行されます。

image.png

オブジェクトごとにライティング計算が実行されます。

Deferredレンダリング

Deferredレンダリングでは、基本的に以下のようにレンダリングが実行されます。

image.png

スクリーン上の必要なピクセルのみにライティング計算が実行されます。

ForwardとDeferredの比較

Forwardレンダリングではオブジェクトごとにライティング計算が実行されます。

それに対してDeferredレンダリングでは、スクリーン上のピクセルに対してライティング計算が実行されます。
そのため、DeferredレンダリングではForwardと比較してピクセルシェーダーの負荷が軽くなります。

補足

G-Buffer

G-Bufferは、深度情報(Z値)、アルベド値、スペキュラ値、法線情報などのことを指します。
DeferredレンダリングではG-Bufferを使ってZテストやライティング計算が行われます。

UnityではBuiltinRenderTextureType.GBuffer0あたりを参照するとG-Bufferをとってくることができます。

参考URL

なぜなにリアルタイムレンダリング
https://www.slideshare.net/SatoshiKodaira/ss-69311865

西川善司の3Dゲームファンのための「KILLZONE 2」グラフィックス講座(前編)
PS3のハイクオリティグラフィックスはDeferred Shadingでキマリ!?
http://game.watch.impress.co.jp/docs/series/3dcg/125909.html

THE RENDERING TECHNOLOGY OF KILLZONE 2
https://www.guerrilla-games.com/read/the-rendering-technology-of-killzone-2

レンダリングパス
https://docs.unity3d.com/jp/540/Manual/RenderingPaths.html

Forward vs Deferred vs Forward+ Rendering with DirectX 11
https://www.3dgep.com/forward-plus/

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした