laravel

laravelのhomesteadにphpmyadminを導入した

前に導入したものが動かなくなり入れなおそうとしたら手順を忘れていたのでここに書くことで調べる手間を省こうと思う

前提

os win 10
vagrant /Oracle VM VirtualBox/composer が導入済みであること

手順

以下の操作はGit Bashで行っている

BOXファイルインストール

homesteadを使いたいディレクトリで

console_local
vagrant box add laravel/homestead

を入力
今回は3のVirtualBoxを選択

laravelファイル作成

console_local
composer create-project laravel/laravel sample "5.1.*"

これでlaravelのプロジェクトファイルが生成される
デフォルトだとファイル名がsampleになってるので好きに書き換えるとよい
書き換えた場合はsampleの部分をそれぞれ自分の書き換えた名前に差し替える

composerでlaravel/homestedのインストール

作成したファイルに移動し

console_local
cd sample
composer require laravel/homestead --dev

VagrantfileとHomestead.yaml生成

console_local
vendor\\bin\\homestead make

vagrant 起動 接続

console_local
vagrant up    #
vagrant ssh   #

今後は基本的にSSH接続した状態で操作していく

ファイアウォールの無効化

この先の操作時に引っかかって進めなくなるので
sudo ufw disable
でファイアウォールを無効化しておく

phpmyadminのインストール

console_vm
sudo apt-get update
sudo apt-get install phpmyadmin

を入力しインストールする
Do you want to continue? [Y/n]
と聞かれるので yで続ける
その後使用サーバーを聞かれるのでapache2を選択
その後選択肢が出るがそのままエンターでよい
dpkg -l でインストールされたことが確認できる
ここまで出来たらいったんSSH接続を抜ける

Homestead.yamlの修正

作成したlaravelのプロジェクトファイル内にあるHomestead.yamlをテキストエディタで開き

Homestead.yml
# sites:の後に以下の文を追記
  - 
     map: sample.phpmyadmin
     to: /usr/share/phpmyadmin/

hostファイルの修正

C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts の末尾に

C/Windows/System32/drivers/etc/hosts
192.168.10.10   sample.app
192.168.10.10   sample.phpmyadmin

を書き加える
書き換えたらGit Bashで
vagrant provison
を入力する

phpmyadminに接続する

vagrant up で立ち上げた後
sample.phpmyadminにブラウザから接続するとphpmyadminが使用可能になっている
デフォルトユーザー名 homestead
デフォルトパスワード secret
になっている

補足

上手くphpMyAdminに接続できないときは何度かvagrant provisonをやると動くようになった