Mac
Git
gas

Google App Script をgitで管理する


claspを導入する

ここの手順でインストール済み。

隠しファイル・隠しフォルダの表示切り替えは[shift + command + .]でできる。


Google Apps Script API の有効化

https://script.google.com/home/usersettings

上記にアクセスして、Google Apps Script API をオンにする。

これでアカウントのGASプロジェクトをclaspで操作できるようになる。


claspにログイン

clasp login

ターミナルで上記を実行すると、ブラウザが立ち上がるのでGoogleアカウントにログインする。


プロジェクトをローカル上にcloneする

ターミナルでクローンするディレクトリに移動して、下記のコマンドを実行する。

clasp clone [スクリプトID]

スクリプトIDはファイル→プロジェクトのプロパティで確認できる。

念の為、ターミナルにコマンドを打ち込むときにスクリプトIDに[]は必要ない。


gitリポジトリの用意

好きな名前で準備する。


ターミナルからgitへpushする

git config --global user.name xxxxx

git config --global user.email xxxxx@example.com
git init
git add .
git commit -m 'First Commit'
git remote add origin https://github.com/xxxxx/xxxxx.git
git push -u origin master

-u オプションをつけることで、以後はgit pushでoriginをmasterにpushできる。


コードの変更をGASプロジェクトへ反映する

.clasp.json がある場所で以下を行う。

clasp push

これでローカルファイルをGASプロジェクトへアップロードしてくれる。