Edited at

claspの導入(Mac)


claspの導入理由

Google Apps Scriptのソース管理をgitで行いたい。

好きなエディタで開発したい。

以上。


Homebrewの導入

公式サイト : https://brew.sh/index_ja

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

上記のコードをターミナルで実行する。

終了したら、無事インストールができたのかバージョンを確認する。

git --version

余談

私はここでエラーが出てgitをインストールできなかったが、MacのOSをバージョンアップすると上手くいった。


node.jsのインストール

Homebrewでnodebrewをインストールする。

brew install nodebrew

nodebrew -v
nodebrew setup
nodebrew install-binary latest

余談

nodebrew setup をせずに最新版のnode.jsをインストールしようとしたら失敗したので、setup大事。忘れずに実行する。

nodebrew list

上記のコマンドでインストール済みバージョンが分かる。

下のcurrentは使用中のバージョン。私の場合はnoneだった。

なので使用するバージョンを指定する。

nodebrew use v11.9.0

nodebrew list

再び使用可能なバージョンを確認すると、currentが指定したバージョンになっているはず。

次に実行パスを通す。

echo "export PATH=\$xxxxx/.nodebrew/current/bin:\$PATH" >> ~/.bashrc

xxxxxの部分は人による。

深く考えずにnodebrewのインストール時に表示されたパスを貼り付ければOK。

(下記の表示があったはず)

========================================

Export a path to nodebrew:

export PATH=$xxxxx/.nodebrew/current/bin:$PATH
========================================

.bash_profileで.bashrcの設定が読み込まれるようにする。

そして、.bash_profileの編集はviで行うと思うので以下を参考に。

cd

ls -a
vi ~/.bash_profile

ホームディレクトリへ移動し、.bash_profileを開く。ない場合は作る。

if [ -f ~/.bashrc ] ; then

. ~/.bashrc
fi

iでINSERTモードに変更し、上記の設定を書き込む。

escキーでコマンドモードに変更。

:wで上書き保存。

:qでvi終了。

設定を反映させるためにターミナルを終了する。

node -v

npm -v

これでバージョンが表示されればOK!

余談

このあとviコマンドが使えなくなったので、設定を編集しにいきました。

/usr/bin/vi ~/.bash_profile

.bash_profileに以下を記載

export PATH=/bin:/sbin:/usr/bin:/usr/sbin:/usr/local/bin

再び設定を反映させるためにターミナルを終了。

これでコマンドが使用できるようになったが、今度はnodeのバージョンが表示されず。

以下を実行して、ようやく完了。困っちゃうね。

source .bashrc


claspのインストール

npm i @google/clasp -g

参考:

claspを使い、Google Apps Scriptプロジェクトをgitでバージョン管理する

GAS のGoogle謹製CLIツール clasp

Google Apps Scriptの新しい3つの機能 その③ CLI Tool Clasp

MacでPATHを通す