Help us understand the problem. What is going on with this article?

GCPでGitHubのレポジトリをソース管理として使用する方法

概要

GCPでGitHubのレポジトリをGCPで利用するにはどうすればいいかという話。
AzureだとGitHubを直接利用するが、GCPではCloud Source Repositories(以降、CSR)というソース管理があるのでこれを使用する。
ベンダーロックインが気になるかもしれないが、GitHubとミラーリング設定をすればCSRを意識する必要はない。
GitHubにプッシュすれば自動でCSRに反映されるため、Azure同様にGitHubを唯一のソース管理として作業できる。

手順

基本的に公式ドキュメントのGitHubのミラーリング手順をそのまま実施すればOK。
GitHubのレポジトリの指定と承認するだけなので引っかかることはないはず。
https://cloud.google.com/source-repositories/docs/mirroring-a-github-repository

いくつか補足しておく。

  • プロジェクトは有効な課金アカウントに結びついておかなければならない。
    • これをタイプした当時の記憶がもうないが、Firebaseの無料プランから遷移した場合には使用できなかった?
  • 新規のミラーリングについては数時間かかることもある模様。私の場合は3分程度で完了した。 https://cloud.google.com/source-repositories/docs/troubleshooting?authuser=0#search_results_dont_match_expectations
  • ミラーリングと聞くと遅延が気になるが、GitHubにプッシュしたらすぐにミラーリングされるようで気にしたことはない。

その他参考にしたドキュメント

Cloud Source Repositories からの Cloud Functions のデプロイ(CSRの方のドキュメント)
https://cloud.google.com/source-repositories/docs/deploying-functions-from-source-repositories?authuser=0

Cloud Functionsへソース管理からのデプロイ(Functionsの方のドキュメント)
https://cloud.google.com/functions/docs/deploying/repo

クイックスタート: Cloud Source Repositories から Cloud Functions へのデプロイ
https://cloud.google.com/source-repositories/docs/quickstart-integrating-with-cloud-functions?hl=ja

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした