Help us understand the problem. What is going on with this article?

11/19 各Userに紐づいたShipping_addressをviewに表示させたい。

More than 3 years have passed since last update.

11/16にUserとShipping_addressのリレーションをhas many/belong_toで作成したので、今度はそれをViewに反映させていきたい。

UserとShipping_addressが紐づいているときはURLはusers/1/shipping_addresses/3みたいな形になるので、まずrouteをネストさせる。

スクリーンショット 2015-11-20 0.10.53.png

単体でshipping_addressを編集するときも考慮し、ネストしないshipping_addressも記述。

まずはindexアクションに飛ばすためにpathを決める。

add_to_cart.html.erb
スクリーンショット 2015-11-20 0.13.19.png

※showやedit actionにアクセスする為のパス(member_pathやedit_member_path)のような、個別のリソースを扱うアクションへのパスは引数にモデルオブジェクトを渡す。

これでIndexアクションへのパスが通った。

今度はshipping_address.controllerのindex actionをいじっていく。

Indexアクションでやりたいことは、
1.どのユーザーでログインしているのか?
2.Shipping_addressオブジェクトを丸ごと取り出す。

1.下記のように記載したらエラー発生。
スクリーンショット 2015-11-20 0.23.22.png
スクリーンショット 2015-11-20 0.24.23.png

どうも.findメソッドがダメらしい....?

下記記事をもとに@user = User.find_by_id(params[:user_id])と記載したらuser_idを取得してくれた。

参照:https://railsforum.com/topic/4070-cannot-find-user-without-id/

そして次はshipping_addressesメソッドって何やねん!っていうエラー
スクリーンショット 2015-11-20 0.27.45.png

Question1:パスに渡す引数はどんなものがある?引数の役割は?
Question2:.findと.find_by_idの違いって何?

Question2の答え:違いはRecordが見つからなかった場合の挙動。
.find=>例外を発生させる。 find_by_id=>nilを返す。
参照:http://higelog.brassworks.jp/?p=71

ResourcesとResourceの違いを理解する。

current_userみたいにUserが誰かわかっている場合はresouce (ex:3000/user/shipping_addresses)

ただ他のuserのshipping_addressを見たい場合はuser/user_id/shipping_address/shipping_address_idみたいになる。
(adminから特定のユーザーのshipping_addressを見たい場合なんかはそう.from who's perspectiveかを基準にsettingする)

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした