Help us understand the problem. What is going on with this article?

98%のプログラマはjsのテストを自動化していない(俺調べ)

More than 5 years have passed since last update.

私が今年イベントで喋ったプログラマはたぶん50人近くいて、その度にJSのテストについて話を伺っておるのですが、ちゃんとJSのテスト書いてる人は1人しかいませんでした。html5カンファレンスの会場でオーディエンスに聞いた時もjsのテストを書いている人は2%くらいしかいませんでした。その多くが、書いた方がいいってのはわかってるんだけどねぇ〜みたいな感じでした。

なぜ書かないか?

テストコードを書くのがめんどうだから
テストコードを修正するのがめんどうだから
非同期なテストを書きにくいから

じゃあ、その問題解決するからテスト自動化しようぜ

テストを書かずにテストの自動化?そんなことできるのかよ

Porkyならできるよ!

どうやって使うの?

jsファイルを4つ読み込むだけ

https://github.com/puriketu99/porkyからcloneして、必要なファイルを読み込む

clone
git clone https://github.com/puriketu99/porky.git
必要なjavascriptファイルを読み込む
<script src="/porky/jquery.js"></script>
<script src="/porky/indexeddb.shim.js"></script>
<script src="/porky/jquery.indexeddb.js"></script>
<script src="/porky/porky.js"></script>

テストの登録は?

下記の関数をテストケースに登録する場合を考えます。

テスト対象の関数
append = function(){$("body").append("test case1");};

javascriptコンソールから、下記を実行します。

console
>porky.register({name:"test1",func:"append"})

nameはテストの名称、funcは関数の名前です。
ajaxの場合は、is_ajax:trueを引数のオブジェクトに追加してください。
これでテストの登録は完了です。

テストの実行は?

Chromeのjavascriptコンソールから下記を実行します。

console
>porky.run()

pokry.runを実行すると、下記のようにテスト結果がconsole上に出力されます。

結果
Porky 
  Runner
  test1 
    UI test 
      success 
    JSON test 
      success 
  test1: 13ms 
Porky: 25ms 

フィードバックがあればよろしくお願いします。
https://github.com/puriketu99/porky

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした