ETロボコン
EV3RT
EV3
EV3way

EV3RTのプログラム転送を行うTeraTermマクロ

EV3RTでプログラムを書き込む手順として最もオススメしたいBluetooth転送、
その作業手順を簡略化するTeraTermマクロを紹介します。

Bluetooth転送で書き込みが行えると様々なメリットがあります。
- microSDのスロットを傷めないのでインテリジェントユニットに優しい
- USBコネクターを傷めないのでインテリジェントユニットに優しい
- USB接続でたまに起こるハングアップが無い

開発環境の他に用意するもの

セットアップのオプションで.ttlファイルをttpmacro.exeに関連付けるをチェックしてください。
tt.png

TeraTermマクロの作成

テキストファイルで次のマクロを作成します。

zmodem.ttl
messagebox "EV3の電源を入れてください" "起動"
connect '/C=4'
messagebox "load=>Bluetooth SPPにしてください" "転送"
zmodemsend 'C:\cygwin64\home\pulma\hrp2\sdk\workspace\app' 1
disconnect
closett
end

COMポート番号の指定は connect コマンドの引数で指定します。
COM4 を使用する場合は、'/C=4'と指定します。

connect '/C=4'

ZMODEMプロトコルで転送するファイル名を絶対パスで指定します。
相対パスでは動作しません。ドライブ名、フォルダ階層を含めた絶対パスを指定してください。

zmodemsend 'C:\cygwin64\home\pulma\hrp2\sdk\workspace\app' 1

使い方

PC EV3
マクロファイルをダブルクリックして起動します。
次のメッセージが表示されるので、EV3の電源を入れてからOKボタンを押下します。pon.png 2018_04_21 22_44 Office Lens.jpg
EV3でBluetooth SPPを選択してからOKボタンを押下します。spp.png 2018_04_21 22_46 Office Lens.jpg
転送状況が表示されます。 2018_04_21 22_49 Office Lens.jpg
転送が終了するとマクロとTeraTerm本体が終了します。 2018_04_21 22_49 Office Lens (1).jpgCenterボタンを押下するとプログラムが実行されます。