Edited at

初心者がPythonの練習

初心者のボクがPythonに挑戦します。

追記:Python3形式にしました。


環境

Colaboratory で実行しています。

環境構築についてはUbuntuの中で試します。

http://qiita.com/pugiemonn/items/7257aa01897011469131


HelloWorld

printでHelloWorldという文字列を出力します。


HelloWorld!

print("HelloWorld!")



変数

変数に10を代入します。


Python

val_int = 10

val_float = 1.23
val_boolean = True

TrueやFalseは頭文字が大文字です。


複数代入

,を並べると変数に複数代入できます。


変数を複数代入

a, b, c = 10, 30, 40

print(a)
print(b)
print(c)

#出力
10
30
40



リスト

リストは値が順番に並べられているものです。


Python

number = [2, 40, 3]

string_text = ['a', 'b', '8']

# リストのアクセス方法
>>> number[1]
40



ディクショナリ

キーとバリューがペアのハッシュのことです。ディクショナリは順番を保持しません。


Python

args = {80: 30, 2: 'piyo', 'hoge': 90}

# ディクショナリのアクセス方法
>>> args[80]
30
>>> args["hoge"]
90



コメント


1行コメント

コメントは#を使用します。


Python

# 1行のコメント



複数行コメント

複数行のコメントです。


Python

"""

コメントだよおおおおおおおお
"""



四則演算

計算しちゃいます。


Python

hoge = 100 + 2200

hoge = hoge / 100
hoge = hoge * 2

print hoge # 46



階乗


Python

hoge = 10 ** 2

print hoge # 100



for ループ


ループ

i = 0

for _ in range(10):
i += 1
print i

# 出力
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10



条件文 if 文

if 文の使い方です。

vv = 50

if vv < 100:
vv = '00'

print(vv)

# 出力
00


elsif 文

if がもしもしならば、あるいはもしの場合に elsif を使用します。

vv = 200

if vv < 100:
vv = '00'
elif vv < 1000:
vv = '0' + str(int(vv / 100))

print(vv)

# 出力
02


標準入力


Python

h1 = input()

print(h1)

# 入力
10

# 出力
10



標準入力の型


Python

h1 = input()

print(type(h1))

# 入力
10

# 出力
<class 'str'>


入力すると str 型になります。


関数

インデントで管理しています。


Python

def spam():

hoge = 12
return hoge

print(spam()) # 12



文字列の結合

+で文字列を結合できました。


文字列の結合

hoge = 'hoge'

print('piyo' + hoge)# piyohoge


感想

お疲れ様でした(☝ ՞ਊ ՞)