WordPress

Wordpressの更新で、FTP経由のアップデートを回避する方法

WordPressでは不定期でコアアップデートを促すメッセージが表示されます。


WordPressの更新メッセージ例

WordPress 4.9.4 が利用可能です。 今すぐ更新してください。


この記事はこのようにメッセージが表示された際のアップデートに関する対応方法に関する記事です。


WordPressの更新にFTP経由を要求されるケース

WordPressの更新時にFTP経由のアクセスを求められる場合があります。

WordPressの更新

この次に、画面に遷移するとFTPのIDとパスワードを要求されます。

WordPress 接続情報

一方、上記の画面が表示されずFTP経由のアップデートを必要としない場合は、ボタン1つでWordPressを更新できます。

つまり、WordPressはFTP経由更新ボタン経由のそれぞれの方法でアップデートできるようになっています。


FTP経由のアップデートを回避

FTP経由のアップデートを回避したい場合、WordPressのディレクトリのパーミションを変えると回避が可能です。


コマンドでパーミッションの変更

sudo chown -R apache:apache /var/www/html


上記はウェブサーバーのユーザーがapacheで、WordPressのディレクトリは/var/www/htmlに置かれているケースです。

WordPressが置いてあるディレクトリの書き込みのパーミッションを変えればアップデートが可能になります。