Help us understand the problem. What is going on with this article?

Linux のコマンドラインで Bluetooth 接続

More than 1 year has passed since last update.

用語

  • コントローラ (ctrl) とは: ローカルに接続されている BT の MAC アドレスの事
  • デバイス (dev) とは: リモート BT デバイスの MAC アドレスの事

操作手順

典型的な操作手順は以下のとおりです。BT コントローラは自動起動になっていて、使いたいデバイスの MAC アドレスを D4:0B:1A:F2:FE:DC とします。MAC アドレスは scan on で表示されるのでメモっておいた方が良いです。

bluetoothctl
scan on
pair D4:0B:1A:F2:FE:DC
trust D4:0B:1A:F2:FE:DC
connect D4:0B:1A:F2:FE:DC

bluetoothctl

これが標準の方法らしい。bluetoothctl とは、 bluz ソースコード に含まれるツールで、コマンドラインで Linux の Bluetooth の制御を行う事が出来る。

対話的に設定を行う bluetoothctl セッションの開始。

bluetoothctl

コントローラの電源起動と停止

list # ローカルコントローラのリスト表示
show # コントローラの状態表示
power on # コントローラ起動
power off # コントローラ停止

ペアリングと接続

scan on # デバイス検索モード
devices # デバイス表示
pair (dev) # ペアリング
trust (dev) # デバイスを信用する。(必要かどうか分からない)
paired-devices # ペアリング済デバイス表示
connect (dev) # 接続
info (dev) # デバイスの状態

その他のコントローラのコマンド

  • select (ctrl) : コントローラ (ローカルの BT) 選択
  • discoverable (on/off) : on で発見可能にする
  • agent (on/off/capability) : リモートデバイスからペアリングを行う時使う。
  • default-agent : リモートデバイスからペアリングを行う時使う。
  • pairable (on/off) : ペア機能の ON/OFF

その他のデバイスのコマンド

  • remove (dev) : ペアリングの削除
  • disconnect (dev) : デバイス切断
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした