Help us understand the problem. What is going on with this article?

PRがマージされたときにBitriseからインストール用QRコードをつけてSlackへ通知

前回の記事でBitriseを使ってSlackに通知するまではやりました

今回はPRがマージされたときにアプリインストール用QRコードをつけてSlackへ通知するようにします

最終的にWorkflowとTriggerは画像のようになります

Workflow Trigger
スクリーンショット 2019-09-16 11.31.14.png スクリーンショット 2019-09-16 11.37.27.png

Workflowにステップを追加

Deploy to Bitrise ioの下にCreate intall page QR codeを追加します
特になにも設定は必要ないです

ちなみに各ステップを他のworkflowでも使うような場合はUtility Workflowとして切り出しておいて
Add Workflow beforeAdd Workflow afterで追加してWorkflowを構成されるようにすると汎用性が高くて便利です
今回のWorkflowはそんな感じで作りました

参考: https://qiita.com/lovee/items/811eae37928447f06b36

Trigger

Triggers画面を開くとPUSH・PULLREQUEST・TAGとタブがあります
PRがマージされたときに実行したいWorkflowはPUSHで設定します
PR作成時に実行したい例えばTestなどを実行する場合はPULLREQUESTでworkflowを設定します
TAGはまだ使ってないので調べてないためわかりません
参考: https://www.bravesoft.co.jp/blog/archives/4618

追記(Cocoapodsでライブラリを使用している場合)

冒頭の画像にもあるようにGit Clone Repository下にRun CocoaPods installを追加します
私の場合はこの記事で説明したやり方でbundlerを使ってcocoapodsを入れているのでその前にInstall specific bundler versionを噛ませてます

このステップに関しては2点注意があります
1つ目はInstall specific bundler versionは1.0.0と1.1.2の2種類が存在します

Install specific bundler version(1.0.0) Install specific bundler version(1.1.2)
スクリーンショット 2019-09-16 12.07.29.png スクリーンショット 2019-09-16 12.07.12.png

1.0.0の方はGemfile.lockのファイルパスを求めてますが、1.1.2ではディレクトを求めてます

2つ目はProjectPathの設定です
Env Var > BITRISE_PROJECT_PATHですべてのワークフローにおけるデフォルトのプロジェクトパスを指定できます
おそらくデフォルトだと値がXcodeプロジェクト(.xcodeproj)になっているかと思います
ライブラリを使っている場合はここをワークスペース(.xcworkspace)にしましょう
https://devcenter.bitrise.io/jp/troubleshooting/frequent-ios-issues/

参考

https://qiita.com/lovee/items/cc179ec2560ac6592d28
https://qiita.com/nofrmm/items/30849ee53bdb53c882fb

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away