GitHub の隠し URL を使って手軽にアバター画像や公開鍵を取得する

エンジニアなら誰もがアカウントを持っているであろうサービスであるところの GitHub。
アバターは勿論、 Git 操作のために SSH 公開鍵を登録している人も多いはず。

もし日常的に GitHub を利用している人で、「このページに載せるからアイコン頂戴」や、「SSH の公開鍵をもらっていい?」と出先で言われた時は、 GitHub には、実はそれらの表示用の URL が存在するので、その URL を投げてやると便利。

ざっと調べたけれどこれらへのエンドポイントの説明がないので、いつまで使えるかは不明。けど数年使えるので多分なくならない。

画像の URL

画像の URL は、 https://github.com/:user_id.png の形式。
例えば自分の場合、 potato4d なので https://github.com/potato4d.png となる。

内部でリダイレクトが走り、GitHubの該当ユーザーの画像ファイルのURLに飛んでくれる。画像パス自体を指定するわけではないので、アイコンが変わった場合もわざわざ追従しなくて便利。

Screen Shot 2018-01-24 at 15.28.06.png

昔の形式の URL は GitHub のヘルプページにあるけど、こっちは特に示されていない様子。
https://help.github.com/articles/setting-your-profile-picture/

SSH 公開鍵の URL

SSH 公開鍵の URL は、 https://github.com/:user_id.keys の形式。
GitHub に登録している鍵が全て表示されるので便利。

Screen Shot 2018-01-24 at 15.29.34.png

おわりに

急にアイコンや鍵を求められることは多いので、覚えていたらこれを投げてやるとコピペミスとかも起こらないので便利。

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.