CSSでテキストにアンチエイリアスをかける

More than 1 year has passed since last update.
.antialias {
    transform: rotate(0.028deg);
    -o-transform: rotate(0.028deg);
    -ms-transform: rotate(0.028deg);
    -moz-transform: rotate(0.028deg);
    -webkit-transform: rotate(0.028deg);
}

IE9以上のブラウザであれば、これでMacとほぼ同じレベルのアンチエイリアスがかかる。
よっぽどでかい要素だったりborderがついている要素でなければ傾きは全く気にならないレベル

Google Chromeだと若干細めに文字がレンダリングされるから細字のフォントには注意。

追記(2015/10/16)

antialiasのclassをつけた要素の中に画像が入ると若干荒くなる
対策としては画像だけ角度を戻せばOK

.antialias {
    transform: rotate(0.028deg);
    -o-transform: rotate(0.028deg);
    -ms-transform: rotate(0.028deg);
    -moz-transform: rotate(0.028deg);
    -webkit-transform: rotate(0.028deg);
}

.antialias img{
    transform: rotate(-0.028deg);
    -o-transform: rotate(-0.028deg);
    -ms-transform: rotate(-0.028deg);
    -moz-transform: rotate(-0.028deg);
    -webkit-transform: rotate(-0.028deg);
}
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.