Help us understand the problem. What is going on with this article?

Jupyterのセルにデフォルトで行番号を表示

Jupyterのセルにデフォルトで行番号を表示

僕は Jupyter Notebook を愛用しているのですが、セルの行番号を表示させるのにいちいちコマンドを入力して表示させるが嫌になったのでデフォルトで設定してみました。

動作

以下はipynbを新規作成した画面ですが、既に行番号が表示されているのがわかると思います。
image.png

そして、新しいセルを作成しても行番号は表示されたままです。
image.png

なお、もちろん一度ファイルを閉じ、jupyter-notebook を再起動しても再び行番号が表示されます。

環境

  • Ubuntu 16.04 LTS
  • Python3.5.2
  • jupyter 4.4.4
  • jupyter-notebook 5.6.0

コード

やることは簡単で以下のコードを ~/.jupyter/custom/custom.js に追記するだけです。
~/.jupyter/custom のファイルやディレクトリが無い方は以下のコマンドで作成し、新規 custom.js ファイルに書き込んでください。
※ ちなみにpyenv-virtualenvを使っている人の.jupyter/の場所は~/.pyenv/versions/<your-version>/etc/jupyter/です。
※2020/01/09追記 : pyenv-virtualenv 使っている方の例としては pyenv install 3.6.8 によってバージョン3.6.8を入れており、pyenv virtualenv 3.6.8 sample-env によりsample-envという仮想環境を構築した場合、custom.jsを記述するべきPATHは ~/.pyenv/versions/3.6.8/etc/jupyter/custom/custom.js になります。仮想環境名のsample-env下ではなく3.6.8下であることに注意してください。ここでもフォルダがなければ作成してください。

console
$ mkdir -p ~/.jupyter/custom
custom.js
// custom.js
//--------------------------------------------------------------------------------
// Display line numbers in code cell by default
//--------------------------------------------------------------------------------

var cell = Jupyter.notebook.get_selected_cell();
var config = cell.config;
var patch = {
  CodeCell:{
    cm_config:{lineNumbers:true}
  }
}
config.update(patch)

参考

utvirtual
VRの普及啓蒙と体験創造を理念として、VR作品の制作・展示、勉強会などを行っているインカレサークル
http://utvirtual.tech/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした