EC-CUBE3のデバッグモードはパラメーターではなくURLだった

  • 10
    Like
  • 0
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

結論)EC-CUBE3.0のデバッグモードはパラメーターではなくURL

2.13までのデバッグモードは、パラメーター管理からDEBUG_MODEをtrueにしてしまえば、簡単にデバッグモードになっていたが、EC-CUBE3ではどうするのか?

パラメーター管理はないので、app/config/eccube/とかにあるのかと思って探してしまいますよね?

実は、デバッグモードではなく、URLを変えることでデバッグモードになる!

デバッグモードのURL

URLに、index_dev.php を加えるとできるようです。

通常) http://example.com/products/detail/2
だとしたら
デバッグモード) http://example.com/index_dev.php/products/detail/2

とすることでデバッグモードでのアクセスになります。

IP制限もされている

このデバッグモード 安全のためにIP制限がされており、もしデバッグモードでのアクセスして

You are not allowed to access this file. Check index_dev.php for more information.

というようなエラーが表示された場合
自分がアクセスしているIPを

index_dev.php の$allow に自分のIPを追加すればOK

$allow = array(
    '127.0.0.1',
    'fe80::1',
    '::1',
    '追加するIP',
);

デバッグモードでアクセスすると

  • Twigのキャッシュの影響が受けない
  • Symfonyのデバッガーで実行されているSQLやログを見る事ができる

等、いろいろと出来そうです。