Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
0
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@plusultra

Oracle Database 21c Clientのインストールを試す

Oracle Cloud環境ではOracle Database 21cの提供が始まりました。これに伴いOracle Database 21c Clientがダウンロードできるようになったのでインストールを試しました。

メディアの準備

Oracle Database 21c Clientはこのページからダウンロードでできます。プラットフォームは今のところLinux x86-64版のみです。ファイルが2つありますがどちらを使っても問題ありません。

  • LINUX.X64_210000_client.zip = 通常のインストールメディアです。 
  • LINUX.X64_210000_client_home.zip = $ORACLE_HOMEに展開してからインストーラを起動するタイプのメディアです。

本記事ではLINUX.X64_210000_client.zipを使用します。インストール方法については英語版のみですがインストレーション・ガイドが提供されています。

OSの準備

プラットフォーム

Oracle Database 21c Client (Linux)でサポートされるプラットフォームは以下の通りです。

  • Oracle Linux 8.2 (Unbreakable Enterprise Kernel 6: 5.4.17-2011.1.2.el8uek.x86_64 / Red Hat Compatible Kernel: 4.18.0-193.el8.x86_64) 以上
  • Oracle Linux 7.6 (Unbreakable Enterprise Kernel 5: 4.14.35-1902.0.18.el7uek.x86_64) 以上
  • Oracle Linux 7.4 (Unbreakable Enterprise Kernel 4: 4.1.12-124.32.3.el7uek.x86_64) 以上
  • Red Hat Enterprise Linux 8.2: 4.18.0-193.el8.x86_64 以上
  • USE Linux Enterprise Server 15 SP1: 4.12.14-197.29-default 以上

Red Hat Enterprise Linux 7がサポート対象外になっています。

パッケージ

 パッケージ要件はOracle Database 19c Clientから少し変わっています。全体的には必要なパッケージは減っていますが、一部追加で必要なパッケージもあります。Red Hat Enterprise Linux 8用のパッケージで比較してみます。

Package Oracle Database 19c Oracle Database 21c 備考
bc
binutils
compat-openssl10
elfutils-libelf
elfutils-libelf-devel
fontconfig-devel
glibc
glibc-devel
ksh
libaio
libaio-devel
libXrender
libX11
libXau
libXi
libXtst
libgcc
libnsl
librdmacm
libstdc++
libstdc++-devel
libxcb
libibverbs
make
smartmontools
sysstat
ipmiutil for Intelligent Platform Management Interface
libnsl2 for Oracle Database Client only
libnsl2-devel for Oracle Database Client only
net-tools for Oracle RAC and Oracle Clusterware
nfs-utils for Oracle ACFS

上記以外にプログラミング環境用のパッケージ(JDKやコンパイラ)が必要になる場合があります。

その他

管理用ユーザー(oracle)や所属するグループ(oinstall, dba, etc)については旧バージョンから変更は無いようです。

インストール開始

 管理用ユーザー(oracle)が書き込める権限でインストール先のディレクトリを作成します。本記事ではORACLE_HOMEを/u01/app/oracle/product/21.0.0/client_1としています。GUI環境でログインし、展開したzipファイルからrunInstallerコマンドを実行します。

最初の画面ではインストール・タイプを指定します。Oracle Database 19c Clientと比較すると、インストールに使用されるディスク容量が増えています。
installer type

前の画面で管理者用(Administrator)を選択した場合、次の画面はインストール先のディレクトリを指定する画面になります。

Install dest

インストール要件のチェック画面です。画面ではカーネル・パラメーターの不足が報告されています。「Fix & Check Again」をクリックすると修正用のスクリプトが用意されます。

Install config

確認用の画面とインストール状況を示す画面が表示された後にrootユーザーでスクリプト実行します。

# cd /u01/app/oraInventory/
# sh ./orainstRoot.sh
Changing permissions of /u01/app/oraInventory.
Adding read,write permissions for group.
Removing read,write,execute permissions for world.

Changing groupname of /u01/app/oraInventory to oinstall.
The execution of the script is complete.
#

インストール・タイプを選択する画面で、「Custom」を選択した場合にはインストールするプロダクトを選ぶ以下の画面が追加されます。Oracle Database 21c Clientでは「Oracle Database Provider for DRDA」を選択できるようになりました。

Install select

SQL*PlusやSQLclを起動し、バージョン情報を確認します。

$ sql -V
SQLcl: Release 20.2.0.0 Production Build: 20.2.0.174.1557
$
$ sqlplus -V

SQL*Plus: Release 21.0.0.0.0 - Production
Version 21.1.0.0.0

$
0
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
0
Help us understand the problem. What is going on with this article?