Android

android sdkをダウンロードして仮想デバイスを作る

More than 2 years have passed since last update.

Android Studioを使わずに、Android SDKをダウンロードして仮想デバイスを作るまで。

まず、Android SDKをここからダウンロードしてくる。(2015/11/06の時点でv24.4.1が最新)

落ちてきたファイルを解答して、テキトウな場所に置く。(今回はホームに置いた想定。)

$ cd ~/Download
$ unzip android-sdk_r24.4.1-macosx.zip
$ mv android-sdk-macosx ~/android-sdk

android sdkへのパスを設定する。

$ echo "export PATH=$PATH:/Users/<username>/android-sdk/tools" >> ~/.zshrc
$ echo "export PATH=$PATH:/Users/<username>/android-sdk/platform-tools" >> ~/.zshrc
$ source ~/.zshrc

コマンドを実行して、パスが通っていることを確認する。

$ android -h

       Usage:
       android [global options] action [action options]
       Global options:
...

$ adb version
Android Debug Bridge version 1.0.32
Revision eac51f2bb6a8-android

ターミナル上でandroidコマンドを実行してSDKマネージャーを起動し、必要な物をインストールする。
(特にこだわりがなければ、デフォルトで選択されているものをそのままインストールしてしまえばいい。)

インストールが完了したら、同じくターミナル上でandroid avdコマンドを実行して仮想デバイスの設定を行う。

まとめると、

  • android sdkを落としてくる
  • パスを通す
  • androidコマンドで必要な物をインストール
  • android avdで仮想デバイスを設定(<- ここ大事)