Edited at

AレコードとCNAMEレコードを整理する


はじめに

夏ぼっちカレンダー(仮)の二日目の記事です。

AレコードとCNAMEレコードを整理します。

記事の中に間違いなどあれば指摘していただけると幸いです。


リソースレコードとは

ネームサーバが目的のIPを探しに行くにあたって、

必要な情報が入っている対応表の中にある一つ一つのレコードのこと

リソースレコード一つは以下の情報からできています。

ラベル
TTL
クラス
タイプ
リソースデータ

ドメインの名前など(タイプによって何を入れるか異なる)
キャッシュする時間(単位は秒)
いくつか種類はあるが基本的にINしか使われない
リソースレコードの種類
値(タイプによって何を入れるか異なる)

例えば、タイプをAとすると以下のようになります。

ラベル
TTL
クラス
タイプ
リソースデータ

example.co.jp
60
IN
A
192.168.0.1


リソースレコードの種類

リソースレコードには種類があり、

それぞれどのような対応をしているかが違います。

以下、リソースレコードの例です。1

種類
意味

Aレコード
ドメインに紐づくIPアドレス

NSレコード
ドメインのゾーンを管理するネームサーバ

MXレコード
ドメインに紐づくメール受信サーバ

TXT(SPF)
このドメインのメール送信元サーバ

SOA
ドメインのゾーンの管理情報

CNAME
このドメインの別名でリソースの参照先

この中からAレコードとCNAMEレコードについて抜き出します。


Aレコード(Adress)

・ドメインとIPアドレスの対応表

ドメインとIPアドレスの対応は

場所の名前と住所によく例えられます。

名前
住所

東京駅
東京都千代田区丸の内1丁目

東京国際展示場
東京都江東区有明3丁目

これがドメインとIPアドレスだと以下のようになります。

ドメイン
IPアドレス

example.co.jp
192.168.0.1

example.jp
192.168.1.1

このように、

Aレコードは

ドメインとIPアドレスが対応するレコードの種類です。

Aレコードは一つのIPアドレスに対して、

いくつも作成することができます。


Aレコードをなぜ設定するのか

・IPアドレスだと分かりにくく、ホスト名を付けたほうが人間が扱いやすいから

先ほどの例で言えば、

「東京都千代田区丸の内1丁目」と言っても何を指しているのかよく分かりませんが、

「東京駅」と言えばすぐに分かります。

IPアドレスの数字の羅列より

ドメインの方が覚えやすく、分かり易いです。


CNAMEレコード(Canonical Name)

・ドメイン名の別ドメイン名を決める

CNAMEレコードはドメイン名の別ドメイン名を決めることができます。

先ほどの例に、

名前
住所

東京国際展示場
東京都江東区有明3丁目

がありましたが

これをCNAMEレコードにすると以下のようになります。

愛称(別名)
名前

東京ビックサイト
東京国際展示場

これがドメイン名と別ドメイン名だと以下のようになります。

ドメイン
参照先ドメイン

www.example.co.jp
example.co.jp

このように、

CNAMEレコードは

ドメインの別名をつけることができます。

ドメインに対する別名をつけるので、

ドメインのIPを設定したAレコードが必ず必要になります。

中の流れとして以下のようなことが行われます。

1「東京ビッグサイトの住所を教えて」と言う

2「東京ビッグサイトは東京国際展示場」というCANMEレコードが返ってくる

3「東京国際展示場の住所を教えて」と言う

4「東京国際展示場は東京都江東区有明3丁目」というAレコードが返ってくる

このように応答を繰り返して辿っていき

最終的に目的のものにたどり着きます。

また、CNAMEレコードは一つのドメインに対して、

いくつも作成することができます。


CNAMEレコードをなぜ設定するのか

CNAMEレコードを設定する理由はいくつかあります。

以下はその中の1例です。

・IPアドレスを変更したときの手間を省きたい

例えば、CNAMEレコードではなく

Aレコードで以下のように設定することもできます。

ドメイン
IPアドレス

example.co.jp
192.168.0.1

www.example.co.jp
192.168.0.1

しかし、これだと

IPアドレスの変更があった際に

二つのレコードのIPアドレスを書き換えなければいけないです。

これを、片方をCNAMEで設定しておけば

書き換えるIPアドレスは一つで済みます。

ドメイン
IPアドレス

example.co.jp
192.168.0.1

ドメイン
参照先ドメイン

www.example.co.jp
example.co.jp


参考

mochikoAsTech『【ダウンロード版】DNSをはじめよう ~基礎からトラブルシューティングまで~』2018年

TCP/IP - DNS 2

DNSレコードタイプの一覧

【ドメイン】DNSレコード設定の各レコードの意味を教えてください。

【勉強会】IPアドレス、ホスト名、ドメインを正しく説明できますか?

【図解】ドメインとは?をわかりやすく解説します

IPアドレスとは?をわかりやすく解説します

DNSの勉強ノート【その2】A/CNAME/NS/MXレコード

Aレコードってなんだっけ? よく使うDNSレコードの種類と書き方

AレコードとCNAMEレコードの違い

DNSとは? 全体像とDNSレコードの種類

めも:DNS設定・AレコードとCNAMEレコードの違い

第64回DNS(3) リソースレコードタイプ

CNAMEレコードとはなんですか?

DNSレコードの種類について【A,CNAME,MX,TXT】

DNSとかネームサーバとかRoute53とかAレコードとかCNAMEとかがわからない人のためのまとめ





  1. mochikoAsTech『【ダウンロード版】DNSをはじめよう ~基礎からトラブルシューティングまで~』2018年、67ページ