Edited at

DNSの勉強ノート【その2】A/CNAME/NS/MXレコード

More than 1 year has passed since last update.


はじめに


ネームサーバとゾーン


  • DNSの下で、ドメインはそれぞれネームサーバを持つ。


  • ネームサーバは、以下の情報を管理する。


    • 直下の ホスト名 とその IPアドレス との対応


    • サブドメイン と、その ネームサーバのIPアドレス との対応



  • ネームサーバが管理する情報をゾーン情報という。


  • ドメインはネームサーバを書き換えることにより、ドメイン名前空間の一部を書き換えることができる。


  • つまりゾーン情報とは、あるドメインがドメイン名前空間に対してAuthorityを持つ範囲 といえる。


  • FQDNからホストのIPを特定するとき、rootドメインから始まりFQDNの後ろから前へ順にドメインのネームサーバに問い合わせる。


  • ネームサーバがダウンするとDNSによる問い合わせが出来なくなる。そのため、耐障害性を高めるためにドメインには通常2つ以上のネームサーバが配置される。


  • ネームサーバに問い合わせるクライアントを リゾルバ といい、通常はOSの機能として提供されている。



リソースレコード


  • ネームサーバが管理するドメイン情報の1レコードを、 リソースレコード と呼ぶ。

  • リソースレコードを構成する代表的なカラムは以下の通り。



    • 名前(ホストやサブドメインの名前)


    • タイプ(リソースレコードのタイプ。後述)

    • クラス(基本的にIN

    • TTL, Time To Live(クライアントにおいて情報がキャッシュされる時間。単位は秒)


    • RDLength(RDATA列の長さ。単位はオクテット)


    • RDATA(リソースレコードの値。 タイプ によって異る)



  • 以下では、代表的なタイプであるA, CNAME, NS, MXについて触れる。


Aレコード



  • A (Address) レコードとは、ホスト名とIPアドレスの対応を表すリソースレコード。



  • DNSラウンドロビン では、ネームサーバに 同じ名前・異なるRDATAを持つ2つ以上のAレコードを登録しておき、リクエストの都度、順番に異なるAレコードをレスポンスする。


CANAMEレコード



  • CNAME (Cannonical Name) レコードとは、ホストに別名を付けるリソースレコード。

  • あるホストに複数の名前を付けたい(e.g. 1台のサーバをwebサーバ兼ftpサーバとして機能させたい)ときに使う。


  • RDATAカラムで他のAレコードを指定 することでIPアドレスを引いてくる。


NSレコード



  • NS (Name Server) レコードとは、ドメインのネームサーバを示すリソースレコード。

  • ドメイン自身、及びサブドメインのネームサーバを記述する。


  • サブドメインの管理は、サブドメインに権限移譲 することができる。


  • 「ドメイン名前空間にhuniv.ac.jp.を登録する」ということは、「JPRSが管理するac.jp.のネームサーバにCNAMEレコードとAレコードを登録してもらう」ということ。


MXレコード



  • MX (Mail Exchange) レコードとは、ドメインのメール交換サーバを示すリソースレコード。

  • ドメインは メール交換ホスト を設定し、メール交換ホストからメールボックスのあるサーバへメールを転送する(メール交換ホストを経由させることにより、メールサーバ停止時もメールアドレスを変えずにメールサービスを利用することが可能)。

  • 複数のMXレコードに対して優先順位を指定することが可能であり、耐障害性を高めることができる。


つづく

DNSの勉強ノート【その3】フルサービスリゾルバとコンテンツサーバ


参考文献


  • 網野衛二 (2009) 『3分間DNS基礎講座』 技術評論社

  • 竹下隆史・村山公保・荒井透・苅田幸雄 (2012) 『マスタリングTCP/IP 入門編』 オーム社

  • 長橋賢吾 (2009) 『これならわかるネットワーク インターネットはなぜつながるのか?』 講談社