Help us understand the problem. What is going on with this article?

Galaxyと外部Viewer連携でのデータの表示

More than 1 year has passed since last update.

Galaxyに登録したファイルはGalaxyの外部のViewerを利用して表示できる

外部Viewerでのデータの表示

ヒストリーペインに登録したデータファイルに適切なDatabase(データベース)を設定しておく事で外部のViewerを利用してデータを表示する事ができる
表示可能なファイルフォマットとしては、bam, bed, fasta, off, gtf, interval, vcf等

display機能の利用

ヒストリーペイン上で各データファイルのファイル名をクリックして、データの詳細を表示

下記のそれぞれのリンクをクリックする事で、各種のビューワー上でデータを確認できる大変便利な機能
ファイルのフォーマットによって利用できるViewerは異なるがヒトゲノムにマップしたBamファイルの場合は下記の4種類のViewerが利用可能
ここではhg38にマップしたbamのデータファイルを公共のGalaxyサーバー上に登録して利用している
Screen Shot 2019-01-07 at 16.52.49.png

  • "display at UCSC": UCSC Genome BrowserScreen Shot 2019-01-07 at 17.01.48.png
  • "display with IGV": IGV (手元のコンピューターにIGVをインストールして事前に起動しておく)Screen Shot 2019-01-07 at 16.59.17.png
  • "display in IGB": (手元のコンピューターにIGBをインストールして事前に起動しておく)Screen Shot 2019-01-07 at 16.58.36.png
  • "display at bam.iobio": bam.iobio.ioScreen Shot 2019-01-07 at 16.57.46.png

しかし、この機能は残念ながら手元のコンピューターのDocker上で起動したGalaxyではIGVを除いて利用できない
たとえば UCSC Genome Browserでは下記のようなエラーが発生する
Screen Shot 2019-01-07 at 17.17.42.png

外部Viewerとの連携時には、利用しているGalaxyのサーバーに外部から直接アクセスできる必要がある
Dockerを利用して起動したGalaxyサーバーに外部から直接アクセスはできないので、この機能はIGVを除いて利用できない事に留意が必要

今回はここまで:smile:

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away