Web
インターン
it

就職活動までにやっておいた方がいいこと(Web系)

More than 1 year has passed since last update.


就職活動まで何すればいい

就職活動がもうすぐ始まるということで、今まで色々自分がやってきて、これはやってよかったなとか、これやっておいたら良かったなどを1年前の自分は結構知りたかったということもあり、書き残してみました。

※私が思いっきりWeb系の人間なので、志望業界が違うと参考になりません。

就職活動を早くやってよかったこと(Web系)

そもそも、就職活動っていつごろからしたらいいのっていうのは、上の記事に書いてます。


私のステータス

まず、こんな人がこういう風に準備してたというのが分かるように、私の自己紹介を軽くしたいと思います。


  • 専門学校HAL 4年制3年生(18卒)

  • 学校入るまで全くのプログラム未経験

  • 数学が苦手科目

  • 地方学生

  • エンジニア志望

以上のような感じです。一言で言えば普通の人です。


理解しておきたいこと


HTTP

どんな言語をやるにしても、HTTPの理解は非常に重要です。また、今後複数の言語をやるつもりがあるなら、HTTPを先に理解した方がいいレベルです。私の場合はこの技術の理解のおかげで様々な言語をすんなり理解が出来ました。


言語によりますが、PHPなどではこれをあまり理解しなくてもなんとなくで出来てしまうので、理解をした上で文字列を扱う。数値を扱うにするだけで、バグは相当減ります。


値型、参照型

変数への代入や参照が一体どうなってるのかなどを考えるだけでも面白いですし、絶対必要な知識なので、しっかり押さえておきたい知識のひとつです。


データベースの正規化、SQL

色々なインターンに参加して思ったのが、意外と正規化が出来ない人が多いです。どれだけプログラムが上手に組めたとしても、データがどうやって扱われるのかを理解していないと、サービスを作ることが満足に出来ません。慣れれば出来るので是非マスターしておきたい。


クラス

様々な言語である考えです。完璧に理解をしてそれをコードにするのは正直難しいので、どういう考えでどうやって書くのかくらいは理解しておくと、業務に入る機会があっても、何も出来ないということはないと思います。


フレームワークとピュアな状態の両方

最近では、あれこれ脳みそを働かせなくても、簡単にそれっぽいアプリケーションを作れます。実務ではフレームワークがほとんどなので、扱えることはもちろん大事ですが、ピュアな状態で同じような動きをするにはどうすればいいのか?はやはり理解しておくべきだと思います。


セキュリティ

私もすごく出来るというわけではありませんが、XSS、CSRF、SQLインジェクション、他にもたくさんありますが、挙げた攻撃は最低限理解をしておいた方が安易なミスで攻撃を受けるリスクはグッと下がります。


Git

やろう。


やっておくと幸せになれる活動


インターンシップ

絶対に参加することをおすすめします。自分はこの経験で大きく変わりました。ちなみに私が行ったインターンシップは以下のような感じです。今回は簡単に印象に残っていることを書きます。

詳しい体験記については、参加しているインターン全てが終わったら書こうかなと考えています。


VOYAGE GROUP 1Dayインターン GO + Github

全く何もできなかった。GitもGoも初体験で死にかけたのだけ覚えてます。


Fringe81 Fringeneer 武者修行

なんとなくの理解のまま放置をしてはいけない。

モノづくりにおいてのコミュニケーションとスケジューリングの重要性。


VOYAGE GROUP Treasure

チーム制作、サービスの開発の難しさと面白さ。

考えて考え抜いた先にある答えに辿りついた時の達成感。


サイバーエージェント REAL X WORK

本格的な業務経験。現場の空気感など。

他のインターンとは違い。その時々に合わせた仕事が与えられるので、すごくリアルです。

以上のような感じですね。とにかく、どれも自分にとって大きな影響を与えてくれました。インターンシップ前の自分と今の自分は相当違うと実感出来るくらい圧倒的に変われますし、モチベーションも上がります。


面談イベント

Web系の就職活動は非常に早いです。

3年生の5月くらいからインターンシップの選考を含めた面談イベントが活発になります。

インターンシップに参加出来るかどうかは置いといて、まずは面談イベント行きましょう。

自分が使っていたサービスを以下にまとめておきます。

※地方学生の交通費問題を解消してくれるので、絶対使うべきです。


なんでもいいのでリリースする

本当に何でもいいので、リリースして世に発信する経験はしておくことをおすすめします。

私はポートフォリオをWordpressでカスタムテーマを作成して、それをRaspberryPiで動かし、DDNSを使ってドメインと関連付けさせて公開をしたりしました。今もiOSアプリのリリースに向けて開発中です。

なんでやった方がいいかというと、リリースするには色々な障壁があって、強制的に様々な分野の勉強しないといけない環境ができあがるからです。


基本情報技術者

取得すると給料が上がるなどの制度も一部あるらしいですが、そんなことよりも、自分の知識の穴埋めが出来るので、やって損はないと思います。


おまじないを減らす

インターンに行ってから、これを癖付けるようになったのですが、今まで書いていたおまじない的なコードってあると思います。これを少しずつでいいので、減らしていくと結構知識レベル上がるので、早めからやっておくと良いと思います。


まとめ

人には人の正解の準備方法があると思いますので、これが就職活動を控えている人の何人かに役に立てばと幸いです。