Help us understand the problem. What is going on with this article?

自分なりのHoudini勉強方法とSNSの有効的な使い方

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

この記事は Houdini Apprentice Advent Calendar 2018 2日目の記事です。

初めまして、Twitterでばっきーという名前でやっている坪井といいます。
現在学生ですが 株式会社anima でFX Artistとして働いています。
自己紹介にデモリールを…↓↓↓



このデモリールは4月~7月の3ヶ月で1から作り直しをしたのですが、この記事ではその3ヶ月間に行い現在も続けている勉強方法とSNSの使い方を紹介させていただきます。
よろしくお願いします。

Houdiniを始めた経緯

僕は約1年半前の専門学校入学とほぼ同時にHoudiniを始めました。
入学前学校のパンフレットにはエフェクトの文字があったのに入学してみると授業など全くなかったです…
ですが入学前からエフェクトが作りたかったので独学でHoudiniを始めました。
何故MayaではなくHoudiniでエフェクトを作ることを選んだのかという理由は単純で当時ネットで少しだけ調べて「Houdini使ってる人日本だと人口少なそうだしすぐ専門就職できるんじゃない?」と思ったからです。

独学開始

一言で説明すると最初の1年はまともに勉強していませんでした。
というのも専門学校で同級生は60人いますが59人がMaya、僕だけがHoudiniという環境にあり先生も名前を知ってる位で僕自身もCGの知識は皆無だったので勉強方法が全く持って分からなかった為です。
最初は平井さんが著された Houdiniではじめる3Dビジュアルエフェクト を見ながら勉強を始めました。
当時Houdini16.0を使っていたのですが本の内容はHoudini15でノードの形、ノードの機能、シェルフの配置まで一新されていて全く理解できずいきなり独学の洗礼を受けました(笑)
少し本の内容を理解してからはTutorial動画をひたすら見るという勉強方法に移行しました。本来ならネットでショートカットリストを探して覚える方が断然早いですが当時はそんなこと頭になく全部動画で覚えてました。
まともに勉強していないときに作ったデモリールがこちら↓↓↓


勉強方法変更

上記のデモリールで就活を開始しましたが見てわかる通り上手くいくはずがなく都内某社の会社説明会で「すべてtutorialに見える」と言われたことをきっかけに勉強方法を全て変えました。

  • 1. メモを取る
    新しいことを学ぶことにメモを取ることは欠かせないと気付きました。
    大きな理由は頭が整理できることです。僕は機能面で新しく知ったことや思いついたことなど全てメモをすることで物事を忘れることなく効率よく作業を進めることができました。
    多くの方がメモを取ることは当たり前のことだと思うかもしれませんが僕はそんな当たり前のことができていませんでした。

  • 2. リファレンスをしっかり見るようにした。
    これもメモを取ると同じで当たり前のことですね。
    特にエフェクトを作るとなれば VimeoYouTube などで自然現象を見るか過去の映画などのシーンを目で見て参考にしないと自分が頭の中で想像しているものだけではうまく作ることはできないと実感しました。

  • 3. 関西Houdini勉強会へ参加
    詳しくは下記で説明します。

  • 4. odforce 利用開始
    エフェクトを作っている際に躓いたらいつも odforce を使っています。
    主に海外のHoudini ユーザーの方々が質問したり回答したりなどしていてそのトークを見たり、たまにhipファイルを添付してくれてたりするのでかなり役立ちました。

主に変えたのは上記の4つです。記事を書いてて思ったのですが僕は本当に当たり前のことが何一つできてない人間だったんだと改めて思いました(笑)
3ヶ月間毎日欠かさずエフェクトを作りできたデモリールが自己紹介にもありますがこちら↓↓↓


SNSを有効的に使う

僕は @peajxs というアカウントでTwitterをしています。
2018-11-25_20h16_28.png
どの様に有効的に使っているかというと

  • 交流を持つ
    Twitterで知っている方々とセミナーやイベントで機会を作って直接会って色々なお話をしたりなどしています。

  • DMでアドバイスを頂く
    Twitterで相互関係になって頂いてるプロのFX Artistの方々に分からないことをDMで質問して教えて頂いたりアドバイスを頂いたりしています。
    当時は神戸に住んでいて東京は遠かったのでせっかく相互関係になっているのでこんなチャンスはないと思い少しでもヒントをもらえないだろうかと思い始めたのがきっかけです。
    たまに実際にお会いしてご飯にも連れてって頂けたり話を聞いていただいたりもしていました。

  • 関西Houdini勉強会への参加
    大阪の梅田で mokoさん が主催されている Houdini勉強会 にTwitterで相互関係の ぽこぽん丸さん に誘って頂いたのがきっかけで参加しました。
    主な活動は参加者同士で制作した作品を細かく説明していくことで情報共有していこうという会です。
    僕自身も何度か発表させてもらったことがあり組んだノードなどを人にうまく説明しなければならないので改めて内容を理解できるいい場となりました。
    関西在住の方々でHoudiniに興味がある方是非関西Houdini勉強会に参加してみてください!業界の方と知り合えますし何より勉強になることしかないです!参加したいという方は mokoさん まで

まとめ

ということで僕がこれまで行ってきたHoudini勉強方法とSNSの有効的な使い方を紹介させていただきました。
何より自分に一番合う勉強方法を早急に見つけれることが近道だと思っています。この記事がこれからHoudiniを始めようと思っている方行き詰っている学生の方の少しでも救いになればいいなと思います!

                自分のやりたいと思ったことを諦めずに続けましょう!

ここからは個人的な話ですが今まで一人で勉強してきたのでHoudiniで分からないことがあれば直接人に聞けて細かく教えてもらえるって本当に素晴らしいことだなと実感しています。
というよりエフェクトチームの皆さん凄くて心強い!
最年少ですが全力で頑張ります!!!
まだ働き出して1ヶ月ですが モンスト ルシファー 15話 で初めてクレジットに載れました。初めてなので分からないですがそれなりの量?のエフェクトも振ってもらえて大変ですが勉強になることばかりで全てが楽しいです。
それから anima で夏休みの間インターンに参加した時の作品をどうぞ↓↓↓


デモリールを作り直したおかげてインターンにも参加出来て就職もすることができました。
運が8割くらいですが残り2割位頑張って作り直してよかったと改めて感じます(笑)
もし某社の説明会で作り直さないと決めていたら今頃何をしているんだろうか…

最後に

僕の Twitter Facebook Vimeo Linkedin をフォローしてくれると嬉しいです。
業界に入りたての新人ですがよろしくお願いします!
来年は Houdini Advent Calendar の方に参加して機能面の記事を書いてみたいですね。
最後まで見ていただきありがとうございました。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away