Edited at
HALDay 22

unmoralの制作を支えたツールたち


はじめに

ショートムービー「unmoral」を2019年1月23日に公開します!

この記事ではunmoralの制作で使用した(検討した)サービスやツールを紹介します。

合わせてショートムービー「unmoral」の宣伝もさせてください。

ショートムービー「unmoral」公式サイト

レンダーシーンを構築するツール「msJobPitcher」をリリースしました。


プリプロ/PM関連


milanote

milanoteはブレーンストーミングをする際に情報をまとめたり、情報を整理するのに役立ちます。

オンライン上で複数人による同時編集にも対応しており、整理した情報はpdfなどで出力することができます。

milanote.png


Googleスプレッドシート

Googleスプレッドシートを用いて各カットのタイムコード及び担当と進捗を管理していました。

timecode.png

all.png

Incoming Webhookを使ってslackへ各セクションの進捗を毎日送信しています。


post.gs

function main() {

var sheet = SpreadsheetApp.openById('your sheet ID');
var anim = sheet.getSheetByName('all').getRange(21,9).getValue();
var hair = sheet.getSheetByName('all').getRange(21,10).getValue();
var effects = sheet.getSheetByName('all').getRange(21,11).getValue();
var render = sheet.getSheetByName('all').getRange(21,12).getValue();
var compo = sheet.getSheetByName('all').getRange(21,13).getValue();

anim = Math.round(anim * 100);
hair = Math.round(hair * 100);
effects = Math.round(render * 100);
render = Math.round(render * 100);
compo = Math.round(compo * 100);

var sentence = '本日までの進捗は\nanim : ' + anim + '%\nhair : ' + hair + '%\neffects : ' + effects + '%\nrender : ' + render + '%\ncompo : ' + compo + '%\nでした。'

var payload = {
'text':sentence,
};

var options = {
'method' : 'post' ,
'contentType' : 'application/json' ,
'payload' : JSON.stringify(payload),
};
var url = 'webhook url';
UrlFetchApp.fetch(url, options);
}


webhook.png


プロダクション関連


maya

メインのDCCツールはmayaを使用しました。

mayaでの便利ツールもいくつか紹介します。


Studio Library

Studio Libraryはアニメーションやポーズを管理するツールです。

サーバにルートディレクトリを設定することで簡単にアニメーションの共有が可能です。

キー情報のみがmbファイルとしてアップロードされるのでアニメーションを出荷する際にキャラクターごと渡す必要がなくなりました。


mGear

mGearはオープンソースのリギングフレームワークです。リギング作業は大きくスケルトン作成, コントローラ作成, スキニングに分けられますが、このうちのスケルトン作成とコントローラ作成を簡略化することが可能で、リギング作業を短縮するとともにピッカーが用意されているため、アニメーション作業を効率よく進められます。


msJobPitcher

今回、「unmoral」の制作においてレンダーシーンを構築するツールを開発し、リリースしました。

ツールはGitHubで公開しています。

msJobPitcherについては別記事に詳しくまとめましたので、合わせてみて頂けると幸いです。

レンダーシーンを構築するツール「msJobPitcher」をリリースしました。


DAZ Studio

DAZ Studioは人体キャラクターをモーフィングによって、簡単に制作することができます。スキニングされたキャラクターをフェイシャル付き(ブレンドシェイプ)で出力することができます。

mayaとの連携にDAZ to Mayaというプラグインが公式で用意されているので比較的スムーズにデータ移行が行えます。


Autodesk Character Generator

Autodesk Character Generatorはスライダー操作のみでキャラクター制作することが出来ます。HumanIKがセットアップされた状態で出力が可能なので、モブキャラクターの量産に使用しました。


ポスプロ関連


Arnold Denoiser

Arnold Denoiserはexrファイルからノイズを除去してくれます。大量のレンダーイメージを処理しなければならないので、バッチファイルを使用してデノイズを行いました。

連番イメージの先頭ファイルをD&Dすることでデノイズが出来ます。


denoise.bat

echo %1

cd %~p1
"path\noice.exe" ^
-i "%1" ^
-o "%~p1/noice_%~nx1" -f 360 -ef 0 ^

mitsukitan.png


Google Earth Studio

Google Earth StudioはGoogle Earth上でレンダリングを行えるアニメーションツールです。非常に高精細なイメージが得られるため現在、背景のフォトバッシュなどに活用できないか検証中です。


おわりに

様々なツールが毎日のようにリリースされており、情報収集を欠かさず行うことでよりよい制作フローが組めると思います。

今後CG映像制作に取り組む人の手助けになれば幸いです。