Help us understand the problem. What is going on with this article?

MacのTimeMachineで、どのファイルがバックアップされたのかを確認する方法

More than 5 years have passed since last update.

MacOSX標準のTimeMachineは、1時間おきに差分バックアップをとってくれます。差分バックアップなので変更されたファイルだけバックアップしてくれるのですが、最近は1回のバックアップで合計400M分ほど、処理時間に15分ほどかかっています。
特に何をするわけも無くブラウザとtwitterぐらいしかやってないのにこのバックアップ量はおかしいです。なので、TimeMachineで何のファイルがバックアップされてるのか調べてみます。

tmutilのcompareでバックアップの差分を確認

MacOS 10.8(Lion)から、tmutilというコマンドが追加されていました。
新・OS X ハッキング! 44 知らなきゃ損する「tmutil」の便利機能

どのファイルをバックアップしたのかを直接表示させる方法は分からなかったものの、「前回と前々回のバックアップ」の差分をcompareで出せました。

tmutil_comapre
macmini% cd /Volumes/TimeMachine_MacMini/Backups.backupdb/macmini/
macmini% tmutil compare 2013-01-20-222622 2013-01-20-183639 > /tmp/tmutil_com.txt
macmini% open /tmp/tmutil_com.txt                                                

skitch-4.png

最後にバックアップしたファイルの容量がでてきます。ここで360Mほどバックアップしてるのが確認できました。

このファイルをチェックして、Janetter(twitterクライアント)のログファイルと思われるsqliteファイルが200Mほど、MailクライアントのGMailアカウント部分のファイルがたっぷりとバックアップされてることが分かりました。これらはどちらも基本ネット上にバックアップがあるので、MacのTimeMachineからは対象外としておきます。

これで1回のバックアップ容量を900K程度におさえ、数秒で処理が終わるようになりました。

tmutilで他に出来ること

tmutilではTimeMachineのコントロールの他に
- snapshotの作成
- TimeMachineのバックアップ先HDDが無いときの、localへのバックアップのコントロール
- バックアップ対象へのファイル追加/バックアップ除外対象の追加
- バックアップファイルのリスト表示
等など、いろいろできそうです。

macmini% tmutil
Usage: tmutil help <verb>

Usage: tmutil version

Usage: tmutil enable

Usage: tmutil disable

Usage: tmutil startbackup [-b | --block] [-r | --rotation] [-d | --destination dest_id]

Usage: tmutil stopbackup

Usage: tmutil enablelocal

Usage: tmutil disablelocal

Usage: tmutil snapshot

Usage: tmutil delete snapshot_path ...

Usage: tmutil restore [-v] src dst

Usage: tmutil compare [-a@esmugtdEX] [-D depth] [-I name]
       tmutil compare [-a@esmugtdEX] [-D depth] [-I name] snapshot_path
       tmutil compare [-a@esmugtdEX] [-D depth] [-I name] path1 path2

Usage: tmutil setdestination [-a]  mount_point
       tmutil setdestination [-ap] afp://user[:pass]@host/share

Usage: tmutil removedestination destination_id

Usage: tmutil destinationinfo [-X]

Usage: tmutil addexclusion [-p] item ...

Usage: tmutil removeexclusion [-p] item ...

Usage: tmutil isexcluded item ...

Usage: tmutil inheritbackup machine_directory
       tmutil inheritbackup sparse_bundle

Usage: tmutil associatedisk [-a] mount_point volume_backup_directory

Usage: tmutil latestbackup

Usage: tmutil listbackups

Usage: tmutil machinedirectory

Usage: tmutil calculatedrift machine_directory

Usage: tmutil uniquesize path ...

Use `tmutil help <verb>` for more information about a specific verb.
paming
Android修行中
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした