search
LoginSignup
6

More than 5 years have passed since last update.

posted at

updated at

Pepperハッカソンのススメ

はじめに

Pepperに興味がある、もしくは触ったことがある方の中には、
Pepperの”ハッカソン”に関心はあるけれど、どのようなものかわからない!
という方も多いのではないでしょうか?

この記事では、Pepperハッカソン とはどんなものなのか、定期開催されている「公式ハッカソン(※)」を例に紹介します。
プログラミングやハッカソンに馴染みのない方向けの内容です。

※公式ハッカソン : アルデバラン・アトリエ秋葉原 with SoftBank が主催・会場となっている、公式のイベント。
有志や他の企業によるPepperハッカソンについては、私の参加経験が乏しいので、ここでは触れません。

そもそも、ハッカソンとは?

半日~数日間、会場に集まった人たちでチームを組み、プログラミングによる制作をしよう!というイベントです。
詳しい説明はWikipediaに譲りましょう。
「ゲッ、難しそう!」と思った方も大丈夫。次項ではPepperハッカソンの特徴をご紹介します。

Pepperハッカソンの特徴

プログラミング未経験者も多い!

「ハッカソン」という言葉に敬遠してしまうあなた。こんなふうに思っていませんか?

自分はプログラミング未経験だし、ついていけるか心配…
エンジニアの人が集まる場でしょ?

大丈夫!
Pepperはエンジニア以外の参加者も多いです。
開発環境が積み木を組み合わせる感覚なので、難しい”言語”を覚える必要はありません。
年齢層も幅広く、下は小学生から上は定年退職されているご年配の方まで、ごちゃまぜになって作業しています。
私自身もプログラミング初心者の文系学生ですが、過去3回抵抗なく、作品を仕上げることが出来ました。

半日かけてガッツリPepperを試せる!

Pepperの”アトリエ”では、Pepperの開発を学ぶワークショップや、「タッチ&トライ」を行っていますが、
1回あたり1時間半程度なので、不完全燃焼で終わってしまうこともしばしば。

しかし、Pepper公式ハッカソンは5時間ほどかけてPepperを使った作品を仕上げるため、
かなり満足度の高いイベントになっていると感じます。
月一回、休日開催なので、お仕事をされている方でも参加できますよ!

一人では作れないものでも、チームで完成させられる!

ハッカソンでの作品制作は、基本的にチームごとに行われます。
”Pepperを子育てに使いたい” ”Pepperを職場で役立てたい” ”Pepperとゲームをしたい” など…
やりたいことに沿ってチームを編成します。

作業の進め方は様々ですが、メンバーの得意分野によって分業したり、さらに小さなチームを作ることが多いです。
こうすることで、一人ではなかなか完成させられなかった作品も、形にすることができます。
終了間際の作業の追い込みには苦労しますが、とても大きな達成感をチーム全体で味わえますよ!

ハッカソンをより楽しむために!

Pepperハッカソンの参加前に準備しておくといいこと・注意点をまとめました。

申し込みを忘れずに!

Pepperハッカソンのイベント申し込みは、以下のDoorkeeperで行います。
月イチ開催のハッカソンは人気なので、定期的にチェックすることをおすすめします!
ワークショップやタッチ&トライの申し込みもここから。
http://pepper.doorkeeper.jp/

ワークショップで一度Pepperに触れておこう!

お手軽開発がウリのPepperですが、一度ワークショップに参加して、入門編を済ませておくと吉。
Pepperでどんなことができるのかを知ると、アイデアも思いつきやすくなりますし、
開発で使う画面に触れておけば、ハッカソンでも抵抗なく動かすことができます!
申込方法については先述のリンクからどうぞ。

やりたいこと、作りたいものを考えておこう!

ハッカソンで半日かけてどんなものを作りたいか、ぼんやりでいいのでイメージしておくといいです。
自己紹介やチーム選びに困りませんし、納得の行く作品制作につながります。

自分のノートPCがあれば持って行こう!

ノートPCがあればぜひ持っていくのが吉です。慣れた環境で作業するために大切です!
もちろん、会場でも貸し出してもらえますが、台数限定かつMacBookなので、
特にWindows派の方で、ノートPCを持っているようなら、必ず持って出かけましょう!

おわりに

念のため断っておきますが、ステマではありません(笑)
Pepper愛が強いがゆえに、書き殴ってしまいましたが、いかがだったでしょうか?

この記事を読んで、Pepperハッカソンなら行けるかも!と思っていただけたら幸いです。
エンジニアの方はもちろんですが、他にもいろんな参加者がいることで、Pepperの開発は間違いなく面白くなります。
Pepperに興味があるあなた、臆さずにぜひ参加してみてください!

それでは、Pepperハッカソンでお会いしましょう!

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
6