Posted at

Amazon LinuxでPPP接続時にルーティングを追加する

More than 1 year has passed since last update.


条件


  • L2TP/IPsecでVPNに接続している

  • PPP(VPN)接続時に自動的にルーティングを追加したい

$ ifconfig

eth0: flags=4163<UP,BROADCAST,RUNNING,MULTICAST> mtu 1500
inet 192.168.1.5 netmask 255.255.255.0 broadcast 192.168.1.255

lo: flags=73<UP,LOOPBACK,RUNNING> mtu 65536
inet 127.0.0.1 netmask 255.0.0.0

ppp0: flags=4305<UP,POINTOPOINT,RUNNING,NOARP,MULTICAST> mtu 1400
inet 192.168.30.201 netmask 255.255.255.255 destination 1.0.0.1
ppp txqueuelen 3 (Point-to-Point Protocol)


PPP接続時の起動スクリプトを作成する

/etc/ppp/ip-upは編集せずに新規でip-up.localを作成する

$ sudo vi /etc/ppp/ip-up.local

ルーティングを追加するスクリプトを記述する


ip-up.local

#!/bin/sh

ip route add [宛先のIPアドレス] via 192.168.30.201 dev ppp0
exit 0

実行権限を追加する

$ sudo chmod 755 /etc/ppp/ip-up.local

PPPを再接続してルーティングが追加されていることを確認する

$ route -n

Kernel IP routing table
Destination Gateway Genmask Flags Metric Ref Use Iface
0.0.0.0 192.168.1.1 0.0.0.0 UG 0 0 0 eth0
1.0.0.1 0.0.0.0 255.255.255.255 UH 0 0 0 ppp0
[宛先のIPアドレス] 192.168.30.201 255.255.255.255 UGH 0 0 0 ppp0
192.168.1.0 0.0.0.0 255.255.255.0 U 0 0 0 eth0