Edited at

Circle CIでFirebaseにデプロイする方法

More than 1 year has passed since last update.

Circle CIからFirebaseにデプロイを試してみました.

コードの例はこちらにあります.

https://github.com/ottijp/circle-ci-first-try/tree/362dcc071abbbf0bf89bb935d1a5ad16350cda90


環境


  • Node v5.11

  • firebase-tools v3.4


Firebaseデプロイ用トークンの発行

$ firebase login:ci

Visit this URL on any device to log in:
*************

Waiting for authentication...

✔ Success! Use this token to login on a CI server:

*************(トークンがここに表示される)

Example: firebase deploy --token "$FIREBASE_TOKEN"

ブラウザが開き,Google認証を通すとトークンが発行されコマンドの出力として表示されます.


Circle CIのビルド環境変数を追加

プロジェクト設定のBUILD SETTINGS > Environment Variablesで先程発行されたトークンと,プロジェクトIDを登録しておきます.

Project settings - ottijp_circle-ci-first-try - CircleCI.jpg


circle.ymlの作成

dependenciesでfirebase-toolsのインストールを行い,deploymentで環境変数のプロジェクトPJとトークンを使いデプロイする設定にしています.


circle.yml

dependencies:

override:
- npm install -g firebase-tools
deployment:
deploy:
branch: master
commands:
- firebase deploy --project "$FIREBASE_PJ" --token "$FIREBASE_TOKEN"


デプロイ用トークンの削除(無効化)方法は不明

CLIツールのリファレンスを見ても,発行した認証トークンの削除(無効化)に関する記述が無いのですが,どうやってやるんですかね・・・?