Help us understand the problem. What is going on with this article?

データベース列名の名前付け(英単語での)採用例を集めてみた

データベースのテーブルやビューなどに指定する列名(カラム名、フィールド名)の例を集めてみました。

各データベースの、予約語や使える文字種の制限は、ご自身にてご確認ください。
国際感覚的にかなりあっていない(ただし本稿は国内利用を主として書いています)、スペル間違いや明らかな採用間違い、などがありましたら、是非ご指摘くださいませ。。

住所 (county, district, prefecture, province, region, state) の扱いなど、国際的な利用が前提でしたらWeblioさんを参照してみましょう。

※私は記法の宗教戦争をしたくありませんので、ご自身のお好みにあわせて変換をしてください(キャメル記法が...スネーク記法が...単数形・複数形など、各チーム・各プロジェクトの規約に合わせてくださいね)

こんなことが大切かと

  1. (テーブルやビューの名前と組み合わせれば)その列名を見ただけで意味を容易に想像できる。
  2. 別の意味の他の列と、明確に区別できる。
  3. データ型の意味をもたせた語句は列名に含めない(中身の意味として使うならOK。DATE型の「作成日」列に、「~日」の意味として "CREATEDATE", "REGDATE" などを使うのは可)
  4. 同じ内容を意味する語の成分(接頭語や接尾語も)は、同じ語句を使う。たとえば、日付を表す語句に、DATEならDATE、DTならDT、BI(「~日」の日本語読み)ならBIで、どれを使ってもよいが、統一させて使う。
    1. 日本語のローマ字読みも濫用しなければ構わないが、活用や連濁などの変化があるので直行性には難がある。
    2. 英語であっても「イギリス英語」と「アメリカ英語」とでは表現が異なっていて、統一されず入り乱れると英語ネイティブには気持ちが悪いかも(color と colour みたいな。Weblioさんなどでご確認を)
    3. 同一概念における国・地域・業界での違い、たとえば「郵便番号」にも"ZIP Code" "Postcode" "Postal Code" があり、どれが相応しいかはともかくもプロジェクト内で統一すべき。

便利なサイト

schema.org - HTMLやCSSに関する命名(目次
HTMLとCSSクラスでよく使う命名について - pugiemonnさんのQiita記事 感謝!
Database Answers - 大量のデータベースモデルサンプルが投稿されています

使いたくない語句の例

~FLG
独自定義の値(外部テーブルに無く、量を意味しないコード値)を意味したいのでしょうけど...2値なら、たとえば削除フラグ (DLTFLG)ではなくて、削除されたか?(DELETED、ISREMOVEDなど)や、有効か?(ISVALIDなど)を使いましょう。色フラグ(モノトーンとして、白と黒、0はどっちなのか?)とか最悪ですよ...プログラマなら常識として0がクロだろうが、とかやめましょう。モノトーンならISWHITEのようにするか、3色以上ならCOLORで構わないじゃないですか。フラグ・フラグって...そもそも旗を上げるか下げるかの2値なのでは。。

採用例

増補中...出典は、[A]などのように表記してあります。
日本語の語句のゆれは Weblio さんあたりで調べてみてください。
各語それぞれ、意味合いは微妙に違います。どれを使うか迷ったら、プロジェクトリーダーや頼れる先輩に従ってください。

日本語よみ:あ~お

あだ名 nickname[(B)]
緯度 latitude[(C)]
イニシャル(名前) Initials[B][I]
Color[A]
打ち合わせ Meeting[L]
運賃 Freight[F]
運転免許番号 carLicense[I]

日本語よみ:か~こ

カード番号 CardNumber[A]
会員 customer[K]
階級 GRADE[E]
会計年度 FISCAL_YEAR[D]
会社名 company[B], CompanyName[F]
開始日 StartDate[A], Start_Date[L], date_from[L]
開始日時 start_date_time[L]
開始予定日 ScheduledStartDate[A]
飼い主(ペット) owner[J]
価格 Price[(A)]
学歴 EDUCATION[D]
借受開始日 Date_Hired_From[L]
借受終了日 Date_Hired_To[L]
既婚・未婚 MaritalStatus[A], MARITAL_STATUS[D]
キャンペーンID campaign_id[L]
行合計額 LineTotal[A]
業種 businessCategory[I]
業種分類コード sic_code[L:USやUKで]
居住年数 YRS_RESIDENCE[D]
区市町村名 City[D][F][G]
国ISOコード COUNTRY_ISO_CODE[D]
国コード countryCode[B][C]
国名 country[C][F][K], COUNTRY_NAME[D]
クレジットカード承認番号 CreditCardApprovalCode[A]
経度 longitude[(C)]
敬称 Title[A]
携帯電話番号 mobile[I]
経費実績 ActualCost[A]
月給額 SALARY[D][J], SAL[E]
(選択/希望/日常利用)言語 PreferredLanguage[B][I]
広告ID advert_id[L]
口座番号 AccountNumber[A]
更新者 UpdatedBy[H]
更新周期 updateInterval[C]
更新日時 ModifiedDate[A]
購読者 subscriber[L]
顧客住所 CUST_ADDRESS[D]
顧客姓 CUST_LAST_NAME[D]
顧客メールアドレス CUST_EMAIL[D]
顧客名(姓名の) CUST_FIRST_NAME[D]
個数 Qty[(A)], Quantity[A][D]
高度 altitude[(C)]
コメント Comment[A]
雇用形態 employeeType[I]
今年度販売実績 SalesYTD (YTD=year to date)[A], tyd_sales[G]
今年度経費総額 CostYTD (YTD=year to date)[A]

日本語よみ:さ~そ

最高月給 HISAL[E]
在庫数 UnitsInStock[F]
最小数量 lowqty[G], MinQty[(A)]
最大数量 highqty[G], MaxQty[(A)]
最終更新時刻 last_update[K]
最低価格 MIN_PRICE[D]
最低月給 LOSAL[E]
作成日 DateCreated[(A)]
昨年度販売実績額 SalesLastYear[A]
昨年度経費総額 CostLastYear[A]
産業分類コード sic_code[L:USやUKで]
時給額 HourlyRate[(A)]
事業部 DEPT[(E)]
事業部名 department[B], DEPARTMENT_NAME[D]
自宅電話番号 homephone[B]
市町村名 CITY[D][F][G]
支払 payment[K]
支払期限 payterms[G]
支払総額(受注・発注) TotalDue[A],amount[J]
支払日 payment_date[K]
シフト Shift[(A)]
死亡日 death[J]
社員 Employee[(A)],staff[K][L]
社員番号 employeeNumber[I],staff_id[K]
写真 picture[K]
支払周期 PayFrequency[A]
種(動物など) species[J]
従業員 Employee[(A)], EMP[(D)],staff[K]
従業員名 ENAME[E]
収入レベル INCOME_LEVEL[D]
州名 STATE_PROVINCE[D]
終了日 EndDate[A], End_Date[L], date_to[L]
終了日時 end_date_time[L]
終了予定日 ScheduledEndDate[A]
重量 Weight[A]
重量区分 WEIGHT_CLASS[D]
重量単位 WeightUnitMeasure[(A)]
受注 SalesOrder[(A)]
受注日 ORDER_DATE[D][F]
出演者(映画等) actor[K]
小計額 SubTotal[A]
上司 manager[B][I], MGR[D]
承認番号(カード) ApprovalCode[(A)]
商品 Product[(A)]
商品説明 PRODUCT_DESCRIPTION[(D)]
職位 job_lvl[G], title[I]
職級 GRADE[E]
職業 OCCUPATION[D]
職種 JOB[E]
職務経歴書 Resume[A]
所在地 LOC[E]
書式 format[C]
数量 Qty[(A)], Quantity[A][D]
寸法 Size[A]
寸法単位 SizeUnitMeasure[(A)]
LastName[A], LAST_NAME[D][K], lname[(G)]
税額 TaxAmount[(A)], TaxAmt[A]
請求可否 billable_yn[L]
請求先住所 BillToAddress[A]
製造日数 DaysToManufacture[A]
製品 Product[(A)]
性別(会員、被雇用者など) Gender[A][D][J]
性別(動物) sex[J]
説明 Description[A][B]
説明書 Instructions[A]
前年度販売実績額 SalesLastYear[A]
前年度経費総額 CostLastYear[A]
倉庫 WAREHOUSE[D]
送料 Freight[F]
速度 speed[C]

日本語よみ:た~と

(マーケット)対象者層コード demographic_code[L]
代理店 Agency[L]
タグワード tag_word[L]
Shelf[A]
単価 UnitPrice[(A)][D]
誕生日 BirthDate[A][J], DATE_OF_BIRTH[D], birth[J]
担当区域 Territory[(F)]
町域以下住所 street[C], STREET_ADDRESS[D], Address[F]
追跡番号(配送・宅配) CarrierTrackingNumber[A]
通貨コード CurrencyCode[A]
定価 ListPrice[(A)][D]
店舗 store[K]
店舗名 stor_name[G]
電話番号 Phone[A][F][G][K], PHONE_NUMBER[D], telephoneNumber[B][I]
都道府県名 Region[F], state[G]

日本語よみ:な~の

日給額 DailyRate[(A)]
ニックネーム nickname[(B)]
入社日 HireDate[A][D][E][G]
値引額 Discount[F][G]
値引単価 UnitPriceDiscount[A]
納入数 (発注品の)ReceivedQty[A]
納入希望日 RequiredDate[A]
納入日数 LeadTime[(A)]
納入予定日 DueDate[A]

日本語よみ:は~ほ

廃棄 Scrap[(A)]
廃棄数 ScrappedQty[A]
廃棄理由 ScrapReason[A]
配信先 subscriber[L]
配信元 publisher[L]
パスワード password[C]
発送先宛名 ShipName[F]
発送基本料金 ShipBase[A]
発送先住所 ShipToAddress[A],(町域以下)ShipAddress[F], (区市町村)ShipCity[F], (都道府県)ShipRegion[F]
発送手段 ShipMethod[A], ShipVia[F]
発送日 ShipDate[A], ShippedDate[F]
発送方法 ShipMethod[A]
発注(購入) PurchaseOrder[(A)]
発注(購入)数 OrderedQty[(A)], qty[G]
発注単位 UnitsOnOrder[F]
発注点 ReorderPoint[(A)], ReorderLevel[F]
発注(購入)日 OrderDate[(A)][F], ord_date[G]
版数 Revision[(A)][H]
販売終了日 DiscontinuedDate[A]
販売額 AMOUNT_SOLD[D]
販売数量 QUANTITY_SOLD[D]
備考 remark[J]
評価 Rating[(A)]
表示名 displayName[B][I]
ファクシミリ電話番号 facsimiletelephonenumber[B][I], Fax[F]
部署 dept[J],department[J]
不良品数 RejectedQty[A]
方角 heading[C]
ポケットベル番号 pager[B]
ホスト名 hostname[C]
保証期間 WARRANTY_PERIOD[D]
補足 remark[J]
本年度販売実績 SalesYTD (YTD=year to date)[A], tyd_sales[G]
本年度経費総額 CostYTD (YTD=year to date)[A]

日本語よみ:ま~も

待ち時間 timeout[C]
未婚・既婚 MaritalStatus[A], MARITAL_STATUS[D]
見積経費 PlannedCost[A]
ミドルネーム MiddleName[A][B]
ミドルネームイニシャル minit[G]
メールアドレス EMAIL[D][K], EmailAddress[A], mail[B][I]
名(姓名) FirstName[A], givenName[B][I], FIRST_NAME[D][K], fname[(G)]
明細行合計額 LineTotal[A]
名称 Name[A]、(識別名として)Type[(A)]
メモ remark[J]

日本語よみ:や~よ、ら~ろ、わ

役職 title[J]
有給休暇時間 VacationHours[A]
有効期限月(カードの) ExpMonth[A]
有効期限年(カードの) ExpYear[A]
ユーザー名 username[C]
郵便番号 PostalCode[A][B][C][D][F][K], zip[G]
与信 CreditRating[A]
与信限度額 CREDIT_LIMIT[D]
予定開始日 ScheduledStartDate[A]
予定終了日 ScheduledEndDate[A]
履歴書 Resume[A]
割引率(パーセント) DiscountPct[A]

(余談)英語の略称を調べる

データベースやプログラムコードのテーブル名、列名、変数名などで、その全部または一部を略称で表現することがありますが

単語・フレーズから略称の例を知りたいときは、検索窓の右横のオプションで「Term >> Abbreviation」を指定してから検索をさせると

p1.png

こんな感じで...得られるかもしれません。

p2.png

ほかにも便利なサイトがあると思います。ぜひ教えてくださいませ!
日本人の端くれの私としては、日本人開発者が含まれるプロジェクトで略称を採用するときは、ぜひ日本人にもなじみがある略称でお願いしたいです。

(余談2)データベース以外でのスキーマ例

こちらはデータべースに関連した情報ではありませんが、多彩なエンティティに関する属性が(英単語で)リストアップされていますので一度ご覧あられたし。。

(余談3)大量のデータベースサンプルサイト

コメントでお寄せいただいた情報です。(英語で)データモデル(テーブル・リレーションなど)のサンプルが掲載されている、投稿型のサイトです。大量で驚き... 設計しようとしている業態のスキーマがズバリ掲載されているかもしれません。

image.png
(一覧の一部分:全体でこの数倍掲載されています)

image.png
(例:Payments - Generic Payments

出典

[A] AdventureWorks - Microsoft SQL Server
[B] Azure Active Directory Schema - Microsoft
[C] XPCOM Interfaces - Mozilla - データベースではないですが...
[D] サンプルスキーマ - Oracle Database
[E] サンプルスキーマ解説 - 小さい頃はエラ呼吸 感謝!
[F] Northwind database - codeplex
[G] pubs Sample Database -Microsoft TechNet
[H] Lotus Notes
[I] RFC2798 Definition of the inetOrgPerson LDAP Object Class
- [B]と被りますね
[J] MySQL Sample database
[K] DVD Rental ER Model - PostgreSQL Tutrial
[L] Database Answers - データモデルサンプル投稿サイト

増補中...

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away