Posted at

備忘録: Backup execでストレージをIBM Cloud Object Storageにする。

More than 1 year has passed since last update.

Backup Execを使用すればバックアップデータをAWS S3やAzure Blobなどのクラウドにバックアップすることが可能です。

https://www.veritas.com/ja/jp/product/backup-and-recovery/backup-exec

この度最新のアップデート20.1(2018年4月)でIBM Coud Object Storage (通称ICOS)にも対応したようなので

https://origin-download.veritas.com/resources/content/live/OSVC/100041000/100041309/en_US/be_20_hcl.html#cloud_storage

簡単にやり方を書いておきます。

ステップとしては

-IBM CLoudのポータルでICOSをオーダー、バケットを作成する。

-BackupExec management command line consoleでICOS用インスタンスを作成

-Backup Execメニューでストレージを選択

-バックアップを実行

では

 -IBM CLoudのポータルでICOSをオーダー、バケットを作成する。

オーダー方法は省略しますがバケットは以下のように作成

1.png

2.png

3.png

-BackupExec management command line consoleでICOS用インスタンスを作成

下記のコマンドをConsoleで入力

New-BECloudInstance -Name “icos” -Provider “compatible-with-s3” -ServiceHost “s3-api.us-geo.objectstorage.service.networklayer.com" -HttpPort "80" -HttpsPort "443" -SslMode “Disabled” –UrlStyle “Path” 

上記URLは作成したバケットにより異なります。

ここでICOSは任意の名前をつけてください。

s3-api.us-geo.objectstorage.service.networklayer.com  は作成したバケットによって異なります。(こちらを参照 https://console.bluemix.net/docs/services/cloud-object-storage/basics/endpoints.html#select-regions-and-endpoints )

参照URL https://www.veritas.com/support/en_US/article.000114986 (Veritasのページ)

4.png

-Backup Execメニューでストレージを選択

5.png

6.png

7.png

8.png

9.png

10.png

11.png

12.png

13.png