search
LoginSignup
1

More than 1 year has passed since last update.

Organization

オレのブログを安く運用したい。(aws から Oracle Cloud へ移行(その3))

はじめに

この記事は「Oracle Cloud Infrastructure(その3) Advent Calendar 2020」の12月23日の記事として投稿です。

さて、今日は3日目。今日から読む人たちのために、改めて、記載すると「今あるaws上のブログで使っているインスタンス2つをOCIへ移行させよう!そして、その先に待っているランニングコスト軽減を得るために!!」が目的になります:sparkles:

昨日は Oracle Cloud のアカウント(参考:オレのブログを安く運用したい。(aws から Oracle Cloud へ移行(その2)))を作りましたので、今日は AWS から OCI への移行手段を考えてみようと思います。

移行元(aws)と移行先(OCI)の整理

早速、移行方法を考えてみようと思います。今回、移行するために必要なことでザックリ思いつくところは、こんなところ:thinking:


■移行元と移行先の接続

データ移行するための経路

■移行元の何を移行させるのか。移行先のどこへ持って行くのか。

AWSで用意されているサービスでOCIに存在しないものの取り扱い


今回は、最低でもAWSからOCIへ移行させるための通信経路(データ転送のため)とAWS独自サービスで稼働しているものの行き先を考える必要がありそうです。(放置されている私のブログではあるため、今回はサクッといけるかな?というくらいの検討です:sweat_drops:
※実際のシステム移行を考えるのであれば、システムによって程度は異なるとは思いますが、移行元のシステムについての現状分析、それを踏まえての移行先のプラットフォーム選定について検討することをおすすめします:thumbsup:

移行元と移行先の接続

移行元と移行先でデータのやりとり(移行)するために、直接、AWSとOCIの接続。または、一旦、自PCを返して送り込む方法の2つの方法が考えられます。
 2020-12-17 10.16.41.png
今回はデータ量も少ないので、一旦、自PCへデータを吸い上げて送り込んでもいいかな?と思います。ただ用意したばかりのOCIには、お試し33,000円分のクレジットがもらえるので、コレを使っても良さそうですね。この2つの手段は、いずれの方法を採用してもOCI側の課金には響かなそうです:sparkles:

移行元の何を移行させるのか。移行先のどこへ持って行くのか。

移行元で使っているサービスは、1日目で記載したとおり。

t2.micro x1 :ブログと各種バッチ実行
Lightsail x1 :ブログ
S3 :ブログ用の画像管理

もう少し細かく整理するとこんな感じ

  • t2.micro
    • WordPressを構築
      • WebServer : Apatch
      • DB : MySQL
  • Lightsail
    • WordPress
  • S3
    • バケット2つ

これらをOCIのどのサービスに入れるか。というのを検討します。
今回の目的は如何にランニングコストを抑えられるか。という点なので、まずは無償範囲で対応できるものを選択したいと思います。

こちらで考えると答えは単純で、AWS上で稼働している(t2.micro と Lightsail(*)) は、OCI(VM.Standard.E2.1.Micro)へ。
※OCI には Lightsail のようなものはないので、Compute 上に用意することにします。
DB は MySQL を使っているので、OCI だとフルマネージド・サービスの Oracle MySQL Database Service がありますが、今回は「オレのブログを安く運用したい」が目的なので見合わせます。(フルマネージドサービスの MySQL は興味ありますけど:sweat_smile:)ということで、今回は Compute にそのまま MySQL を立てます。
あとは S3 ですが、こちらは OCI だと Object Storage が同サービスで提供しているので、一択。

まとめると移行元から移行先は、こちらを予定

・t2.micro → VM.Standard.E2.1.Micro(無料枠
・Lightsail → VM.Standard.E2.1.Micro(無料枠
・S3 → Object Storage(10GB以下(無料枠))

素敵すぎる。すべて無料枠に乗せ換えられそう?「無料枠」が輝いて見えます:sparkles:

今回のAWSからOCIへ移行するまでの予定ステップ

  1. OCI上でAWS同様の構成を用意する
  2. AWS と OCI を接続する(データ移行の経路を確保する)
  3. AWS上で稼働しているインスタンスのデータ抽出
  4. AWS から OCI へデータを転送する
  5. OCI環境で再構築(データ移行)する

とりあえず、こんな感じで進めようかと思います。

おわりに(その3)

今日のお話は、ここまで。明日は、早速手順に従って作業してみようと思います。:writing_hand:

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
1