search
LoginSignup
2

More than 1 year has passed since last update.

Organization

オレのブログを安く運用したい。(aws から Oracle Cloud へ移行(その2))

はじめに

この記事は「Oracle Cloud Infrastructure(その2) Advent Calendar 2020」の12月22日の記事として投稿です。

さて、昨日の続きです。今日から読む人たちのために、改めて、記載すると「今あるaws上のブログで使っているインスタンス2つをOCIへ移行させよう!そして、その先に待っているランニングコスト軽減を得るために!!」が目的になります。:sparkles:

そのため、今日は移行先の準備(Oracle Cloud環境を用意)について記載します。

Oracle Cloud Infrastructure(OCI)環境を手に入れる

こちらは、クレジットカードがあれば、どなたでも登録することができます。しかも FreeTier アカウントとして利用できます。無料サイコーです。クラウドの個人利用は相当な使い方をしていなければ、この無料範囲でも十分やりたいこと(要件を満たすこと)ができる人は、多いのではないかな?と思っています。(私も、そのひとりのはず!!)ということで、オラクルさんが「無料でもいいよ♪」といってくれるなら、遠慮無く利用してもいいかな?と思います。(ありがたやー:dancer_tone3:

公式サイトへアクセスしてOCIアカウント登録をする

早速、Oracleサイトへアクセスしましょう。(こちらは2020年12月のものです)

(オラクルの公式サイト(日本))
https://www.oracle.com/jp/index.html

20201216-004.png

上記の通り、[Cloud Free Tierにサインアップする] をポチると下記の画面へ。

20201216-005.png

一部のクラウドサービスですけど無料で使える。というのは、ありがたいですね:grinning:

ユーザ情報の登録

ここからはアカウント登録になります。入力する画面は、こんな感じ。まずはメールアドレス認証するために必要な情報。
20201216-007.png
[Verify my email]をポチってから2分以内に確認します。

認証メールとしては、こんな感じのが送られてきます。
※ oraclecloud.com から送付されますので届かないようであれば迷惑メールを確認してみてください。
20201216-008.png

リンク先をポチってあげればメールアドレスの確認は終了です。そのあとは、続きのアカウント情報になります。

アカウント情報(その1)

20201216-009.png

難しいところはありませんね。強いていうならパスワードが複雑なものを求められるので忘れないように。くらい:sweat_drops:

アカウント情報(その2)

20201216-010.png

ここは、クラウド・アカウント名とホーム・リージョンを選択できます。注意すべきは、ホーム・リージョンの選択になります。ここで選択したものは、後で変更はできません。決めたホーム・リージョンにアカウントなどの情報が配置されます。特に思い入れ(USで使いたい!)などがなく、日本での利用を考えているならホームリージョンは日本にしておく方が良いと思います。ここでは Japan East(Tokyo) を選択します。

他は難しいところはありませんね。「気持ち変だなあー」と思うところは、会社情報で気になりました。こちらはオプション情報なのですが、会社名は任意で聞くけど、部門は必須で聞かれる不思議な登録画面。ここは会社名を必須にするのが良いのではないかなあー。と、思ったりします:sweat_drops:

住所

20201216-011-1.png
ここも特に難しいところはないと思います。左側に「アカウント情報」で選択した国、メールアドレス(ユーザネーム)と、クラウド・アカウント名、ホーム・リージョンが表示されています。間違えていたら戻って修正してください。

モバイル検証

 2020-12-17 1.21.07.png

ここはSMSを受け取れる電話番号が必要になります。[Text me a code]をポチッとすると、また2分以内にSMSに届いたコードを入力します。モバイル情報を登録すると、最後にクレジットカード情報の登録です。

Payment verification(クレジットカード登録)

20201216-014.png
Free Tier を使う限りは課金は発生しませんが、クレジットカードの登録は必要になります。
[支払検証方法の追加]をポチると、以下のようなクレジットカード情報の登録がポップアップされます。

支払検証方法の追加

 2020-12-17 1.48.58.png
こちらを登録すると、クレジットカード情報が入ります。
20201216-017.png

あとは、Oracle Cloudサービス契約をよく読んで同意できる際はチェックを付けて、[Start my free trial]をポチります。
クレジットカードの認証も問題なければ、アカウント作成画面になります。
 2020-12-17 13.41.38.png
こちらの「O」マークの画面がアカウント設定している状況になります。この過程で、Welcomeメールが送付されます。この画面が完了するまで待ちましょう。

ちなみにWelcomeメールは、こんな感じのメールが届きます。
 2020-12-17-001.png
このメールにある[Sign In to Oracle Cloud]をポチッとして、OCIへログインできれば完了です:thumbsup:

余談(クレジットカード認証で手こずる話)

1. クレジットカードの認証が失敗する
クレジットカードの認証が通りませんでした。「なぜだろう?」と思ったら、今回登録しようとしたクレジットカード承認処理が保留するようになっていたみたいです。これはクレジットカードの契約形態やクレジットカード会社毎に異なるので様々。今回は、定期購読のような課金が発生するようなものは、一旦、保留になるような状態になっていたみたいです。知らなかった…。勉強になりました:bow:。クレジットカード認証に失敗した際は、クレジットカード会社に問い合わせてください。

2. 理由がわからないが、Oracleに嫌われている?ケース
クレジットカードの認証は、カード会社のサービスデスクにお願いして通るようにしたのですが、別のところで失敗してしまいました:cry:
 2020-12-17 11.57.25.png
こればかりは何が原因かわかりません。そんなときは Oracleカスタマ・サービス に連絡するしかありません:droplet:

ちなみに、Google Chrome の Cookie 扱いなどで失敗になるケースもあるみたいです。ブラウザを変えたりしてみても解決しないときは、時間をかけるだけもったいないので、Oracleカスタマー・サービス に連絡するのをオススメします:telephone:

手に入れたOracle Cloud。これがFree Tierな画面だ!

 2020-12-17 12.43.02.png
クイック・アクションには、無料で使えるものが選択しやすい状態になっていました:sparkles:

登録自体はそんなに時間がかかる作業ではありませんが、つまずくと時間がかかります:droplet:おそらく、つまずくところはクレジットカード認証のあたりだと思います。こればかりは自分だけで解決できないので、クレジットカード会社やOracleカスタマ・サービスに助けをもらってください:thumbsup:

さてと、無事にOracle Cloudにアカウントが作成されました。はじめの1ヶ月は33,000円のクレジットがあるので、指定されている無料サービス以外も使えます:thumbsup:

おわりに(その2)

ちょっと長くなってしまいましたけど、今日のお話は、ここまで。明日は aws から OCI への移行手段の話を予定しています。:writing_hand:

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
2