Java
Eclipse
glassfish

Eclipse+GlassFish3で開発しててGlassFishの起動が69%で止まるようになって困ったときの話

More than 3 years have passed since last update.


環境


OS

Windows7 64bit


Eclipse

Version: Juno Service Release 2

Build id: 20130225-0426


GlassFish

3.1.2.2


発生する問題

CDI のインジェクションがうまく行かなくてアノテーションを色々切り換えたりしていると、突然以下のようなエラーが出続けるようになることがある。

cdi-problem.png

一度このエラーが発生すると、それ以前までは普通に動いていた状態に実装を戻しても同じエラーが発生してしまうようになる。

さらに、 GlassFish を再起動すると、以下のように 69% でプログレスバーが止まり、起動できなくなる。

eclipse.png

※「起動済み」となっているけど、実際に Web ブラウザでアクセスすると 404 ページが表示される。

こうなると、タスクマネージャーから当該の java プロセスを終了させるしかなくなってしまう。

完全に八方塞がりです。


解決方法

↓調べたら、同じことで困っている人はチラホラいた。

GlassFish 3.1 won't start from Eclipse - Stack Overflow

この中で、 <GlassFishインストールフォルダ>\glassfish\domains\domain1\osgi-cache\ 以下を削除すれば解決するみたいなことが紹介されている。

確認してみると、 felix というフォルダがあった。

osgi-cache.png

こいつを削除して、実装をエラーが発生する前の状態に戻すと、 GlassFish が正常に起動するようになった。

解決方法がわからないと本当に途方に暮れてしまう現象なので、わりとシャレならない問題です。


参考