Help us understand the problem. What is going on with this article?

もう面倒くさいからPhantomJS単体でファイルをダウンロードする

More than 5 years have passed since last update.

課題

S::R::D (webDriver)+ PhantomJS でファイルダウンロードができない

解決法

前回から検証を進めた結果、以下の方法が良いと思いました。

  • S::R::D でエクスポートボタンをクリックした状態を、PhantomJSにうまいこと渡してダウンロード処理をする

そもそも、前にGitHubでissueを発行したときも「ようわからん」的な返答を頂いたので、あまり一般的な方法じゃないんでしょうね。
How to download file with Phantomjs?

よって、webDriver の操作なしでファイルダウンロードを実行したほうが良いということになりました。

また、ログイン操作やクリック遷移はPhantomJS単体でもできるので、「うまいこと渡す」というのもやめました。そのサンプルコードが以下です。

facebook_login.js
// コマンドラインからparameter を受け取り、facebookにログインしてログイン後のホーム画面をキャプチャする

// 引数受け取り
var system = require("system"); 
var username = system.args[1];
var password = system.args[2];

// facebookログイン
var page = require("webpage").create();
page.open("https://ja-jp.facebook.com/",function(){
    page.onLoadFinished = function(){
        page.render("facebook_login.png");
        phantom.exit();
    }
    page.evaluate(function(arr){
        document.querySelector("#email").value = arr[0];
        document.querySelector("#pass").value = arr[1];
        document.querySelector("#login_form").submit(); //フォームのIDを指定
    },[username,password]);
})

上記のコードはコンソールから以下のように実行します
phantomjs facebook_login.js <facebookユーザ名> <facebookパスワード>

正直、このサンプルはここの内容をほぼ パクっただけ なので、参照元様に感謝です。

今後

ここの記事を参考にしてcoffeescriptでコードを書いていますが、getElementById の箇所で TypeError: 'null' is not an object エラーが頻発してます。慣れの問題なんでしょうが、coffeescriptは初めてなので何が問題なのかようわかっておりません。。

omokawa_yasu
Perlのカルチャーが好きです。 オンプレサーバ構築4年、株式会社の社長8年やってました。
https://omokawa765.hatenablog.com/
sight-visit
資格のオンライン予備校「資格スクエア」, 契約管理サービス「NINJA SIGN」を運営するスタートアップ
https://sight-visit.com
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした