Help us understand the problem. What is going on with this article?

[exFAT] ubuntu14.04(Linux Mint 17.1)でのexFATのマウント方法

More than 3 years have passed since last update.

経緯

NW-A16にはWalkmanで恐らく(間違ってたらごめんなさい)初めてmicroSDに対応したので・・・
flacの高音質なハイレゾ音源を入れるために64GBのmicroSDXCを買ったわけだ。
そして、NW-A16でmicroSDXCをフォーマットするともれ無くexFATでフォーマットされてデフォルトのubuntu系(むしろLinux)では読めません。

というわけで、ここを参考にしてexfat-fuseとexfat-utilsをインストールしようにもコメント欄にあるようになぜか意味不明な公開鍵が出現し、リポジトリが登録され無い模様。

まぁ、Windowsじゃないんだしそういうこともあるさ。
というわけで、ならば手動で!!

追記(2015年12月6日)

普通にmakeができるようになったようなのでこちらのページから普通にソースインストールすればできるようになったようです。

以下の記事の必要性はないですが、過去ログとしておいておきます。

手動でのexfat-fuseとexfat-utilsのインスコ方法

Downloads - exfat

上記リンクより最新版のexfat-fuseとexfat-utilsを落とします。
2015/05/14現在最新はexfat-utils-1.1.1.tar.gzとfuse-exfat-1.1.0.tar.gz

展開しましょう

ダウンロードしたファルダにcdしてください。


tar xfz exfat-utils-1.1.1.tar.gz
tar xfz fuse-exfat-1.1.0-.tar.gz

インスコに必要なものを集める


sudo apt-get install fuse libfuse-dev scons

インスコ


cd fuse-exfat-1.1.0
sudo scons install
cd ../exfat-utils-1.1.1
sudo scons install

以上です。

インスコに関しては展開しましょうで同階層で2つのファイルを展開してることが前提なのでそれ以外の場所で展開したのならcdのパスを適宜変更してください。

これでマウントできます。

使い方

コマンドなら・・・

sudo mount.exfat-fuse /dev/sdXn /mnt/exfat

/etc/fstabに書くなら・・・

UUID=[uuid]   /home/share   exfat-fuse   async,auto,dev,exec,rw,suid,nouser   0   0

上手にできました〜。

参照URL

Ubuntu 14.04 でexFATをマウントする方法
exFatの外付けドライブを任意のユーザーでマウント
HOWTO - exFAT - Quick Start Guide
 
 
 

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした