Help us understand the problem. What is going on with this article?

vim使ってるのにvimium使わないなんてもったいない!

More than 1 year has passed since last update.

vimiumとは

https://github.com/philc/vimium

vimキーバインドでGoogle Chromeやfirefoxを使えるようにできるプラグインです
カスタムすれば、マウス操作なしでウェブブラウジングする事が可能です!

vimiumができること

jkで上下スクロール

jkjkjk720.gif

fiでリンクを表示して遷移する

link720.gif

できる事一覧(基本)

?       使い方を説明してくれる
h       左へスクロール
j       下へスクロール
k       上へスクロール
l       右へスクロール
gg      一番上へスクロール
G       一眼下へスクロール
d       半ページ下へスクロール
u       半ページ上へスクロール
f       現在のタブでリンクを開く
F       新しいタブでリンクを開く
r       更新
gs      view sourceを表示
yy      URLをコピーする
yf      リンク作のURLをコピーする
...その他いろいろ

カスタムするとさらに便利に!!

l右スクロールとh左スクロールはいらないので、戻ると進むに書き換える

- chromeの右上にvimiumボタンのoptionsをクリックする

スクリーンショット 2017-10-25 21.52.34.png

  • custom key mappingsへカスタムしたい内容を入力する
  • ペーストするとこんな感じになります。
# 戻る
map h goBack
# 進む
map l goForward

# その他おすすめオプションもどうぞ
map H previousTab
map L nextTab
map i LinkHints.activateMode
map I LinkHints.activateModeToOpenInNewTab

スクリーンショット 2017-10-25 21.41.53.png

  • 最後にsaveを押すと反映されます!!

戻ると進む

backback720.gif

これだけでもめっちゃ便利です!!!

インストール方法

まとめ

  • 今の私には欠かせないChrome拡張です!!
  • firefoxのもありますが、動きが少々鈍い?のでchromeでの使用がおすすめです!!
okamu_
no plan inc. CEO 元フリーランスエンジニア/ iOS / サーバーサイド / 共同創業 / 福岡出身 https://qiita.com/organizations/noplan-inc
https://twitter.com/okamu_ro
admin-guild
「Webサービスの運営に必要なあらゆる知見」を共有できる場として作られた、運営者のためのコミュニティです。
https://admin-guild.slack.com
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした