Edited at

AWSのEC2インスタンス内(本番環境)の整え方(自動デプロイ後の方法)

※全てのコマンドは、本番環境のディレクトリで行うこと。


1.Railsを起動する。


(1).起動方法

ローカル環境でのアプリのディレクトリにおいて、自動デプロイ(Capistranoを使った自動デプロイ)を行う。

 bundle exec cap production deploy


(2).シャットダウン方法


①.起動しているプロセスの確認方法

ps aux | grep unicorn

コマンドを実行すると、unicorn_rails masterと表示されている(unicornの文字の部分は、赤字で表示されている。)行の一番左から、ec2-userの隣に表示されている4桁〜6桁くらい(?)の数字を確認する。

ちなみに、この数字のことをプロセスというらしい。


②.プロセスの切り方

Killコマンドで、上記コマンドで確認したunicorn_rails masterのプロセスを止める。

sudo kill -9  数字(unicorn rails masterのプロセスID)


2.webサーバー(Nginx)を起動する。

webサーバー(Nginx)の再起動

sudo service nginx restart


3.MySQLを起動する。

MySQLの再起動

sudo service mysqld restart