More than 1 year has passed since last update.

windowsの開発環境はpower shellの入っている環境なら手作業をほとんどなくして整えることが可能だ。
chocolateyを使います。インストールするのはピカイチに簡単。コマンドプロンプトから以下をコピペして実行してね。

@powershell -NoProfile -ExecutionPolicy unrestricted -Command "iex ((new-object net.webclient).DownloadString('https://chocolatey.org/install.ps1'))" && SET PATH=%PATH%;%systemdrive%\chocolatey\bin

勝手にインストールが始まるから放置しとく、結構すぐ終わった気がする。
Windows updateを怠ってたりすると.NETがねぇよって言われることあるけど再起動したら勝手に入ってた。
ちなみにホームページはChocolatey Galleryです。

chocolateyはmacでいうhomebrewとかdebian,ubuntuでのapt-getといったパッケージ管理ソフトなんだけど、こいつの真価はxml形式で記述したファイルを使えば簡単にインストールするパッケージを管理できることだと思う。
だから以下のようにひとつずつインストールする必要などない。

cinst vim
chocolatey install vim

みたいな感じで、どちらでもインストールできるだけど、コマンドプロンプトの実行時のディレクトリにxmlファイルがあれば一瞬だし後からも分かりやすい。

packages.config
<?xml version="1.0"?>
<packages>
    <package id="GoogleChrome" />
    <package id="Firefox" />
    <package id="Gpg4win" />
    <package id="ctags" />
    <package id="curl" />
    <package id="git" />
    <package id="hg" />
    <package id="dropbox" />
    <package id="mingw" />
    <package id="mingw-get" />
    <package id="nodejs" />
    <package id="python" />
    <package id="python3" />
    <package id="ruby" />
    <package id="Everything" />
    <package id="Apple_iCloud_Control_Panel" />
    <package id="winmerge" />
    <package id="Desktops" />
    <package id="imagemagick" />
</packages>

idにインストールしたいパッケージを記述しておけばオーケーです。あとは

cinst packages.config

これだけでxmlに記載されているパッケージを全てインストールして、PATHも設定してくれる。
これでそれぞれのWebページに訪れてひとつひとつインストールする作業は一気に楽になるよね。

パッケージ一覧については

chocolatey list

で取得できるので、ここから必要なパッケージをダウンロードするといいよ。

パッケージを更新する場合は

chocolatey upgrade

でアップデートできます。