Edited at

Microsoft Bot FrameworkでBotサービスをリリースした話。+その反響

More than 1 year has passed since last update.


ごあいさつ

皆さん、こんにちは!

ついに始まりました、チャットボット Advent Calender 2016

ホスト(兼、もりあげ隊長:sunny:)をつとめさせていただきます okajax です!

簡単な自己紹介をしますと、BITAデジマラボにてBotでやってみた!連載 を執筆していたり、

友人とsteelaxeというグループ名で、Webサービスを開発している者です。

みてのとおり、ややテンション高めなキャラですがよろしくお願いします♪


★Advent Calender参加者の方へ

まず、参加者の方の皆様につきましては、ご参加誠にありがとうございます m(_ _)m

楽しく素敵なAdvent Calenderにしていけたらな、と思っています!

それでは、最終日のクリスマスまでよろしくお願いします。

さてさて、第1日目は、

私が 実際にBotサービスをリリースして、ハシャいだりビビったりした(!?)体験談をお話します!

それでは、よろしくどーぞっ! :relaxed:


「Can I use? bot for Slack」をリリースしました

2016年5月、Microsoft Bot Frameworkで

Slack向けBotをつくり、実際にサービスとしてリリースしました。

Can I use? bot for Slack

Demo.gif

名前だけでも大体予想がつくと思うのですが、

Slack上で「Can I use?」の情報を

サクっと見れてしまう、というBotです!

機能説明おしまいです!

以上です!それだけっ! :hugging:

(こういった

超シンプルな機能だけのマイクロサービス、自分好きなんですよ。。。笑

Less is more! :raised_hand: )


どんな反応があったの? ─リリース後の反響


主に海外から評価をいただきました!

海外エンジニア勢に、なかなかウケが良かったです!

反応あった場所は、主にGitHub・Twitterです。

ちょっと反響のサマリーを、GoogleAnalyticsで見ていきましょうか。

追加ボタンのクリック計測は以下のような形。

Slack.png

サイトの追加ボタンを計測する限り、約450以上のチームが追加してくれたようです。

ありがとうございましたー!✨

(とはいえ、勢いは完全に落ちています。厳しい現実ではあります)

ちょっと時系列をお話しますね。

〜5月〜

まず、友人のsteelydylanが、海外の掲示板に投稿してくれたのです。

そこから、ジワジワと注目を集めます。

〜6月〜

そして、ドカーーーーン!!!

何が起きたっっ!? :scream:

webdesignernews.com というWebメディアに取り上げられたのです。

それが大きな起爆剤となりました。

また、 uxdesign.cc にも取り上げてもらえました。

他にも取り上げてもらえたのですが、主力はこの上記2つでした。

いろんなWebメディアがあるんですねー!

勉強になりました!

〜8月〜

勢い薄れていたと思いきや、イベント数がジワジワと復活。

何事!? と思ったら

Can I use?の公式サイトにリンクが!

これは本当にありがたいですっ!!! :sob: (2016年8月当時)

14064259_1067594143309461_4269612111445467959_n.jpg

ありがとうございましたっ。(`・ω・´)ゞ

お次は、気になるユーザー層。

国別でみると、上位5位が以下のような形。

地域_-_アナリティクス_🔊.png

だんとつアメリカで、2位は台湾!

やっぱり親日って事なんでしょーか!?

Thanks a lot! :hearts: :flag_tw:

日本も4位なのですが、

シェアやGitHubでの反応は日本人少なめの印象でした。:rolling_eyes::sweat_drops:


ビビった事もある!

華々しい話ばかり?と思いきや、ビビった事も多々ありました。。。


・GitHubで初めての交流。しかも外国の方と!!

まず、GitHubでリポジトリを公開するという事自体初めてだった私。

プルリクエストやイシューがきただけでビビっていたのに、

さらに外国の方から。。。

リリース後、反応が多いのは良かったのですが

「ネイティブの書く英語わかんないっっ!!!」と涙する日々。

友人のsteelydylanの助けを借りつつ、なんとかコミュニケーションする事ができました :bow_tone1:


・まぁDisられました

Twitterで外国の方から「おいおい、この部分どーなってんだ。ププッーwwww」とかDisられました。

もちろん手を抜いた私の責任なのですが、Disられて+さらに英語だし...で、とてもヘコみました。:cry:

でも、よくよく見ると

「これいいね!」「便利だ〜」の意見の数のほうが圧倒的に多かったのです。

嫌な意見ばかり胸に残りますけど、じつは少数なのでした。

そして、Disる人は、なんでもDisります。Disりたがりの人っているんです。

だって世の中には、きちんとGitHubでイシューとして投稿してくれる人もいるのですから! :sparkles:


「こういう人って結局、なんでもDisるよね。何かDisりたいだけなんだっ!!

きっとそうだもんっっっ!! (´;ω;`)ブワッ」


と自分に言い聞かせました。

今後サービスをリリースしようとしている方に、少しでも参考になれば!!笑

(Disられてつらいよ!ってなったら、私に連絡ください!笑

ひとりで泣かずに飲み行こう!なっ!:sushi::beer: 笑)


どうやって作ったの? ─開発舞台裏

使用技術は下記の通り!


  • Node.js

  • Microsoft Bot Framewrok V1

アイディアを思いついてからすぐ開発にとりかかり、ドメイン取得・サイトもつくって公開しました。

その公開までは2日間。

既存のCan I use?用のnpmモジュールがあったため、

まずはそれを使用しました。

受けとったプロパティ名をそれで検索→検索結果を表示

という、実にシンプルなもの。

ただ、検索機能に不安な所があったため

そこから友人のsteelydylanが「caniuse-query」という

npmモジュールを一晩で作成してくれました。(!?)

あとはプルリクエストを1件、受理したぐらい。

やった事としては驚くほど多くはありません。

そこまでの期間も約1週間ほど。

このスピードリリース、

UIをデザイン・実装する必要がないのが、チャットボットの良い所だと思いました。


なぜ作ったの? ─経緯


チャットボットなら、マイクロなUI・マイクロなサービスつくれそうだ! どんなBotつくろうかな〜! Less is moreはいいぞ!

MicrosoftBotFrameworkなら、Slack, Facebook... とかチャンネルが色々あるんだね〜。うーん、どうしよ。

そういえばSlackってほぼエンジニアしか使わない。ペルソナがハッキリしてて良い市場だよね〜♪

んっ! となると、Slack向けに技術Tips系のBotとか需要あるんじゃないか?

そうだ、「Can I use?」のBot版はどうだろう! Slackから確認できれば時間短縮になるし、自分も欲しいぞコレ!


という考えから、開発に乗り出しました!

少しは「市場ガ〜」「ターゲットガ〜」とか考えてたのです。笑

たとえばFacebook向けBotとしても、マスすぎて何がウケるのか/どんなニーズがあるのか、リサーチは大変ですし :sweat:

だったらニーズがハッキリしている市場へ! というワケだったのです。


振り返ってどう?これから先は? ─感想と今後


Botという形を選択する事について

先にも述べたのですが、UIを自分たちで考えなくて良いという点で、

スピードがかなりのアドバンテージです。

すでに多くの人が使ってるプラットフォームに簡単に乗れるという展開のしやすさも

アドバンテージです。

ですんで、マイクロなサービスや、

ちょっとしんどい作業の自動化に、Botって選択肢はアリアリだと思います。


キャラ付けしたら可愛いですしね!笑


「Can I use? Bot for Slack」の今後

正直をいうと、Microsoft Bot Frameworkでできる事に限界を感じました。。

「Can I use? Bot for Slack」は

サーバーをHerokuに乗り換え、他のBotフレームワークにしようと思います。><

Microsoft Bot Framework嫌いになったとかではなく、選択と集中です。

Slackでウケるかも!?という仮説が当たり、

Slack集中って決めた → だったら最適なアプローチ手段が他にあるぞという事なのです。

もちろん、Microsoft Bot Frameworkなら

ワンソースでマルチチャンネル展開できるのは強い所です。

ですんで、私のように

「スタートをまずMicrosoft Bot Framework。集中すべき市場わかったら、他のフレームワークで」

というのも一つの選択肢ではないかと思います。

(Microsoft Bot Frameworkとは少しお別れかもしれませんが...

LUISは自分が試したBot向け自然言語処理APIの中で、最高です:sparkles:)


さいごに〜!

記事が長くなってしまった。。。

ずっと語る機会がなかったので、ババーっと喋ってしまった。笑

総合的に見ると、このサービスリリースは、とても良い経験でしたっ!

チャットボットのサービスを作ろうとしている方の、参考になれれば幸いですっ! :relaxed:

/* 現実的な事をいうと、

「良い経験でしたっ」とか過去系で言っちゃってるあたり、

サービスオーナーとして、まだまだの自分。という所です。

現在、勢いは落ちているので、完全な一発屋です。

自分の次の向き合う課題は、サービスを「維持する覚悟」になるでしょう。。 :thermometer_face: */

なにはともあれ、

最後まで読んでくださって、感謝でしたっ!:candy:

またお会いしましょうっ!(σωσ)/

それではー!