Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
39
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@oishihiroaki

Unityをマルチモニタでフルスクリーン実行する(Windows限定)

More than 5 years have passed since last update.

Unityをマルチモニタでフルスクリーン実行する(Windows限定)

Unityのアプリ(スタンドアロンプレイヤー)の実行時にフルスクリーン設定で複数画面で実行する方法 (Windows限定です)

1.Unityアプリを書き出す

とくに特別な設定はいらないはず。。

2. .batファイルを作成

1920×1080 のモニターを横に2つの場合

(アプリケーション名).exe -popupwindow -screen-width 3840 -screen-height 1080

と記述した.batファイルを作成
この.batファイルを.exeのあるディレクトリに配置

↓Unityのコマンドラインのリファレンス
http://docs-jp.unity3d.com/Documentation/Manual/CommandLineArguments.html

3.一度、Windowed設定で.exeを実行する

Display Resolution Dialog で Windowed のチェックボックスにチェックを入れ、実行し閉じます。
(前回アプリがフルスクリーンで実行されていた場合、うまく複数のモニタ上でアプリが実行されないようです)

4. .batファイルを実行

同様のコマンドをコマンドプロンプトで実行しても可能です。

(備考)

※Windows8で、1920×1080のモニタを縦置き設定で横に6台配置し、6480×1920の解像度でフルスクリーン出力するということもできました。
※Windows8の場合、アプリをフルスクリーンで実行しても、チャームなどのホットコーナー機能は優先されてしまうので、別にホットコーナー機能を無効にする設定を行なう必要があります。
↓こちらのアプリが便利でした
ttp://yakushima-tonbo.com/windows/Windows8/Skip_Metro_Suite.html

※この方法を知らない時期はグラフィックスカードのドライバの設定でディスプレイグループを作成し、複数画面を1枚のディスプレイとみなしてマルチモニタのフルスクリーン設定を行なっていましたが、複数のタッチパネルのタッチイベントを取得したい場合、タッチの座標の取得がうまくいかない問題がありました。しかし、上記の方法だと、タッチの座標も複数モニタで正常に取ることができます。

39
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
oishihiroaki
Interactive Design & Art / Engineer Senior Lecturer, Department of Design Informatics, Musashino Art University

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
39
Help us understand the problem. What is going on with this article?